連休中に高速道路でいくら使った?ETCの利用履歴を確認できる「ETC利用照会サービス」

今日でGWも最終日。

長い方では9連休など満喫されたのではないでしょうか。

Uターンラッシュのピークは過ぎたようですが、車で遠出をされた方も多いはず。

 

そこで気になってくるのが高速道路の料金です。

ETCを利用していれば何も煩わしいことはないですが、明細を見てみたら予想外の高額請求で二度見をしたことがあるはず。

というわけでETCの利用明細を確認できるサービス(とアプリ)をご紹介したいと思います。

別に明細を見た所で割引になるわけではありませんが、心の準備は出来ますよね…w

 

事前にWebサイトでの登録が必要

今回ご紹介したいのはAndroid用のアプリなのですが、それを利用するためには事前にWebサイトで会員登録をしておく必要があります。

それがこちらのETC利用照会サービス。


 

サイトのデザインが古臭く、ちょっと胡散臭い気もしますが、利用規約を見てみると

第1条
この利用規程は、東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社(以下「管理者」といいます。)が、インターネットにより提供するETC利用照会サービスの利用について必要な事項を定めたものです。

ETC利用照会サービスの提供に必要なシステムの運営は管理者が行います。

(出典:ETC利用照会サービス利用規程

というように、NEXCOやその他の高速道路運営会社によって提供されているサービスであることがわかります。

 

まずはこのサイトで「新規登録」をしておきます。

登録にはETCカード、ETC車載器の番号、車両のナンバーの入力が必要になります。

この辺は車載器の種類、車両の種類によって異なってくるので、説明は省きます。

特に難しいことは無いはずです。

 

アプリのインストール

※このアプリを提供しているのは上記のETC利用照会サービスの運営者とは異なる、Olive Systemという会社です。

ETC利用照会サービスのIDとパスワードを使用してログインすることになりますので、皆様の判断と責任の下でご利用ください。

本アプリの使用により生じたいかなる損害・不利益に対しても、本ブログ管理者は責任を負いません。

使用するのはこちらの「ETC利用履歴」というアプリです。

アプリをインストール後、先ほど登録したETC利用照会サービスのIDとパスワードを入力してログインします。

 

 

履歴の確認

ログインすると、このようにETCの利用履歴が表示されます。

(※画像は普通自動2輪のものです。)

こうやって見てみると、ジワジワと、そして確実に削られていっているのがわかりますね…。

いつの間にか積み上がって、結構な料金になるのがわかります。

ちなみにリアルタイムで反映されるわけではないため、料金所通過から数十分〜数時間で履歴に表示されるようになると思います。

 

各履歴をタップすると、ETC利用による割引額などの詳細を見ることができます。

これは東京湾アクアラインを通った時のもの。

ETC割引が無ければ、高すぎてとても乗れたものではありません…。

 

以上、Android用アプリ「ETC利用履歴」のご紹介でした。

非常にシンプルながら、必要な情報は確認できるのでオススメです。

さて、GW中に使ったお金と、明日から仕事という現実に目を向けることにしましょうか(ヽ´ω`)

 

というわけで今回は以上!
 
photo credit: Curtis Gregory Perry MLK Jr Blvd via photopin (license)