β版だけど普通に使える!Android Studioが期待以上に使えるIDEだった!

origin_3188947022
photo credit: aranarth via photopin cc

久々にAndroidアプリ開発してます

iPhonne6の発売で盛り上がっていたり、意外とそうでもなかったりする昨今ですが、僕は久々にAndroidアプリの開発をしています。

正確には1年半ぶりくらいです。

その間に新しい統合開発環境が発表されました。

その名もAndroid Studioです。

 

以前に僕が開発していた際は、Eclipse + ADTという環境を自分で用意しなくてはいけなかったのですが、Android Studioはこちらからインストーラをダウンロードして、インストールするだけです。

ちなみに一応まだβ版(執筆時点では0.8.6)ですので、注意する必要がある方は注意して下さいw

 

 

初めてAndroidアプリを開発する人にオススメ!

これ一つインストールすれば、簡単にAndroidアプリを開発することが出来ます。

というか、ひな形にそって進んでいけば、簡単に”Hello World”が出来ます。

あとは目的に合わせてコードを追加してくだけです。

(それが大変なんですけど…。)

 

コード補完が充実している!

コード補完が非常に優秀です。

Visual StudioでいうところのIntellisenseですね。

 

ファイルの間を行ったり来たりしなくても、このコード補完によってザクザクと開発が進められます。

その他にも色々と充実していて、import等も適宜候補を上げてくれます。

ツールチップで色々な情報を表示してくれたりもします。

 

Androidアプリの開発に慣れている人からすると、ちょっと鬱陶しいかもしれませんが、初心者にとっては手取り足取りと言った感じで、非常にわかりやすいと思います。

 

画面が作りやすくなった!

Androidは画面をXMLで記述するのですが、そのエディタが非常に優秀になっています。

以前のEclipseでは、XMLがバグったり、プレビューがバグったり、色々と不完全だったのですよね…。

ですがAndroid Studioでは、XMLを書きながらリアルタイムでプレビューを確認することが出来ます。

Visual Studioでいうところのリソースエディタも改善されていて、バグったりするようなことは今のところ起きていません。

 

その他、色々な解像度で画面の確認をすることが出来ます。

Nexusシリーズはプリセットが用意されているので、簡単にレイアウトを確認することが出来ます。

もちろん任意の解像度にすることも出来ます。

Androidアプリの開発で一番大変なのは、無数にある端末の解像度に合わせること、と言っても過言ではありません。

それが非常に改善されているのは、ちゃんと開発者の声を汲み取ってくれているということですね。

 

まとめ

Googleがβをなかなか外さないのはいつものことですから…。

しょせんβ版と思わずに、一度使ってみてください。

特にEclipseでの開発で大変な思いをした方は感動すると思います。

(まあ、Android StudioもEclipseベースなのですが…。)

 

久々にエンジニアらしい記事でしたね…。

 

今回は以上!

Adeus!!