僕がAndroid推しな理由

large__12160376244_mini
photo credit: John.Karakatsanis via photopin cc

別にアンチAppleとかではなく

日本だと、Androidは少数派でiPhoneのシェアが圧倒的だそうですね。

しかし僕は頑なにAndroidを使い続けています。

所有している端末はNexus 5, Nexus9, Nexus 4(売却)です。

AppleはiPad3だけです。

 

なぜAndroidなのか?

それにはちゃんと理由があります。

別にAppleが嫌いとかではありません。

自宅のPCはMacですしね。

 

 

出来の悪い子ほどかわいいから

僕が最初に触れたAndroidは2.2でした。

そして初めて購入した端末は2.3でした。

この頃のAndroidは正直言って、

クソでした。

動作はもっさりですし、UIもダサい。

動作がもっさりなのは、当時のAndroid端末が非常に低スペックであったこともあるのですが…。

そしてデザイン。

黒がベースなんて、いかにもギークな開発者が好きそうなデザインです。

 

しかし時は流れて4.0になり、Androidは生まれ変わりました。

なんかこう、出来の悪い子供が立派に出世して帰ってきたような。

そんな感慨深ささえ感じます。

UIもパクリ洗練されています。

 

アプリが開発しやすいから

開発言語はJavaですし、開発者登録などの手続きも必要ありませんし、自分の端末をPCに繋ぐだけでデバッグが出来ます。

非常に開発者に優しいのです。

 

iOSだと、他ではまず役に立たないと思われるObjective-Cを勉強したり、開発者登録をしたり、アプリの審査を受けたり…。

ちょっと気軽にアプリでも作ってみるかという気にはとてもなりません。

 

全ての情報をGoogleに握られているから

僕は全ての情報をGoogleに握られています(悪い意味では無くて)。

連絡先、スケジュール、ドキュメント、写真、etc…。

本当に全ての情報をGoogleに預けていて、まさにGoogleの思惑通りになっているわけですね。

 

で、全ての情報を預けている代わりに、Android端末と同期させると情報の管理が非常に楽です。

ギブアンドテイクですね。

 

iOSでもiCloudなどを使えば良いのでしょうが、最初にGoogleに全てを集約させてしまったために、今更iCloudに乗り換えるのは面倒で出来ません。

 

まとめ

何だかんだでGoogle様々です。

別に信者とかそういう話ではなく、単純に自分の生活が便利になるからですね。

1営利企業に情報を全て預けてしまうことの是非もありますが、同時に仕事や生活がすごく便利になっているのも確かです。

 

今回は以上!

αντίο!!