Google Chromecastを新型に買い換えようかなと思う理由

スクリーンショット 2016-02-26 11.55.17 (1)

結構活用しています

Apple TVなんかに比べるとイマイチ盛り上がりにかけるGoogle Chromecastですが、我が家では結構活躍しています。

主にスマホから操作して、YoutubeをTVの大画面で観るという使い方をしています。

最初は再生開始まで結構時間がかかり不満でしたが、アップデートされたのか、今ではサクサク動きます。

 

そんなChromecastの新型が日本でも販売開始されました。

 
Chromecast – HD 動画ストリーミング デバイス – Google ストア

 

今まではHDMI端子に直接差し込むスティック型でしたが、今回は大きく形が変わりました。

スティック型だと、本体にぶつかったりした際に折れたり、端子を痛めてしまったりするからだそうです。

 

そしてスペックや機能もしっかりと向上しています。

 

 

5GHz、11ac対応

まずはWi-Fiネットワーク機能の強化でしょう。

全モデルでは2.4GHzの11gまでしか対応していませんでした。

これでも一応使えるのですが、最近は1080P、60fpsの動画も増えているので、11gでは心もとないです。

 

実際、再生開始時にダウンロードが追いつかないようで、カクついたり止まったりすることがよくありました。

この辺は11acの対応でかなり改善されるのではないでしょうか。

(もちろん無線ルータ側が対応している必要がありますが。)

 

Fast Play機能

これは次に再生する(であろう)動画を先読みしておいて、スムーズに次の動画を再生開始できるようにするという機能です。

上にも書きましたが、再生開始時にカクつくようなことがよくあるので、このFast Play機能によって改善されるのではないでしょうか。

特にゲームプレイ動画#1〜#5を連続で観る、というような場合には恩恵を受けられそうです。

 

ちょっと不安なところ

接続の仕方がちょっと不安です。

▼こんな感じでTVに接続するようです。

スクリーンショット 2016-02-26 11.55.39

HDMI端子から完全にぶら下がっていますよね…?

本体重量は39.1gと非常に軽量なようですが、ぶら下がっているとHDMI端子に負担がかかるのでは?という不安があります。

(まあ、十分テストした上で発売しているはずなので、問題ないはずですけど。)

 

価格は¥4,980とお手頃、1~2日以内に発送だそうなので、頃合いを見て買い換えようと思っています。

 

というわけで今回は以上!