デスクワーカーならイスにもこだわりたい!AKRACING ゲーミングチェアを購入!

デスクワークの人には仕事道具と行っても良い”椅子”。

特に僕のような腰痛持ちにとっては、椅子の座り心地は仕事の集中力にダイレクトに影響します。

というわけで先日自宅用の椅子を買い替えました。

 

勤務先がリモートワーク可なので仕事をすることもありますし、写真の現像、CDのリッピング、ブログの執筆…etc。

かなりの時間を過ごす自宅の椅子なわけですが、今まで使っていたものは(かなり)イマイチでした。

ちなみに使っていたのはサンワサプライのリクライニングチェア(オットマン一体型)というもの。

写真のようにくつろぐには良いのですが、しっかりと座って作業をするには向いていませんでした。

 

まず座面が深すぎます。

背もたれにきちんと背中が付くように座ると、足が床に付かないんですね。

僕の足が短いという話もあるかとは思いますが、175cmくらいはないと厳しいのでは…。

あとは4年ほど使用したのですが、表面の合皮が剥がれてボロボロ落ちてきます。

お陰で床がゴミだらけ…。

やはりそれなりのお金を払わないと、良い椅子は手に入らないのかと学びました。

 

そこで購入したのがAKRACING ゲーミングチェア WOLF-GREYです。

ゲーミングチェアと書いてありますが、長時間座りっぱなしという意味では仕事も同じ。

実際、特に問題なく使用できています。

 

組み立てについて

まず組み立てについてですが、大きくて重たい部品もあるので、女性一人ではちょっと難しいかもしれません。

男性であれば大丈夫でしょう。

 

レビューを見てみると、プラスチック製のパーツが割れていたとか、ネジ穴が合わないといった人もいるようですが、僕の場合は全く問題ありませんでした。

そして薄い軍手が付属しているのですが、必ず着用して組み立てるようにしましょう。

僕は素手で組み立てていたところ、手が滑って金属の角に強打、流血沙汰となりました…。

 

 

良いところ

  • 地面に足が付く

当たり前といえば当たり前なんですが…しっかりと地面に足が付きます。

 

  • 姿勢が悪いと座りづらいので自然と姿勢が良くなる

スポーツカーのバケットシートのように、左右から挟み込まれるような形状をしているため、姿勢が良くなります。

僕は椅子の上であぐらをかいてしまったりするのですが、形状的に変な姿勢では座りにくいため、自然と姿勢が良くなります。

 

  • 首あて、腰当てのクッションが地味に良い感じ

頭(首)の部分と腰の部分に小さなクッションが付いています。

おまけ程度のものだろうと思っていたのですが、これがなかなか良い感じです。

これは個人個人の姿勢や体型によるとは思いますが、僕の場合は後頭部下部(延髄付近)と、腰上のS字部分にあてると良い感じです。

 

  • 180度リクライニング

上に書いたように、しっかりと姿勢良く座るタイプの椅子ではあるのですが、180度リクライニング出来るのも良い所です。

例えばYoutubeなどをぼーっと見るときには、160度くらい倒して見ると良い感じです(180度はちょっと寝すぎ)。

簡単に寝落ち可能です。

 

イマイチな点

  • キャスターが滑らかすぎる

不満な点は特に無いのですが、強いて言うならキャスターの回転が滑らかすぎること。

少し身動きしただけでも椅子ごと動いてしまいます。

もう少し硬いか、回転をロックできる機能があればより良かったかなとは思います。

 

というわけでAKRACING ゲーミングチェアの使用感レビューでした。

たまたまですが、今この記事を執筆している時点で、Amazonでは1万円引きのクーポンを発行しています(くそっ…)。

それを使えば約3万円ほど。

良い椅子が欲しいけれど、Okamuraなどはちょっと手が出せない…という方にもオススメです。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: spdorsey Work Desk via photopin (license)