少量のレコードを保管するなら、ディスクユニオンのレコードコンテナがオススメ!

27718119976_8aa60e2ae4_b

一過性のブームでは終わらずに、このまま再度音楽媒体として根付きそうな勢いを見せているレコード。

音楽(とオーディオ機器)好きな僕としても無視はできず、当然のように手を出しました。

30歳の音楽好きが初めてアナログ・レコードに手を出してみた感想

2015.12.31

ただやはり需要と供給の問題なのか、結構なお値段がするために、そう沢山買うことは出来ません。

新品のアナログ・レコードを買うならAmazon.comがお得!※ただし場合による

2016.02.09

しかし枚数は増えるもので、横にして積んでおくと盤のためにも良くないので、収納を買おうと思いました。

ただ大きなCDラックがあるために、レコード用のラックを置くスペースがありません。

大量のCDやDVDを整理するなら、タミヤの工作用プラ板が便利!

2016.09.22

そこで探し出したのが、ディスクユニオンが販売しているレコードコンテナです。

 
LP用ダンボール / DUレコードコンテナ BLACK / ラックフェア10%OFF(定価3,780円) | diskunion.net CD・RECORD ACCESSORY ONLINE SHOP

 

コンテナという名前の通り、本来は輸送用。

DJがクラブに大量のレコードを持ち込む際などに使うようです。

しかし収納として使用すると、非常に良い感じです。

実際に中に詰めてみるとこんな感じになります。

 

img_20160922_151757

 

スペックをサイトから引用させて頂きます。

DMR製のレコード収納ボックス。
PP素材(プラスチック段ボール)で作られた軽く、丈夫な収納ボックスです。
あっという間に折り畳みが可能です。縦方向に3段まで積み重ね可能。

レコード約80枚収納可能
耐荷重:200kg
サイズ:縦370mm × 横370mm × 高さ (組立時:330mm 折畳時:80mm)

そう、折りたためるんです。

ですから将来レコード用のラックを購入して、これが不要になった際に処分しやすいというのも購入した理由です。

収納可能枚数は約80枚とのことですが、数えてみたところもう少し入りそうです(見開き2枚組LPを2枚とカウントした場合)。

 

 

あと”プラスチック段ボール”という聞きなれない素材ですが、触り心地が段ボールのように少しでこぼこしていて、でもプラスチックという感じ。

3段まで積み重ねることができるそうですが、単純に下のものが取り出しにくくなるので、積み重ねずに並べて使用しています。

▼2箱並べた図。

img_20160922_151928

 

実はこの2箱に入り切らないレコードがまだ横に結構な数積んでありまして…そろそろ3箱目を購入しないといけない状況です。

この箱で5箱(約400枚)位までであれば、本格的なラックを購入しなくても良いかなと考えています。

レコードコンテナ、オススメです!

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: DSCF1852 via photopin (license)