20代最後の年末に、エンジニアとしての自分の弱点をさらけ出してみるぞ!!

large_5184781110
photo credit: Elizabeth Albert via photopin cc

強みをアピールする機会は沢山ありますが…

敢えて弱みを言う場面はなかなか無いですよね。

そもそも自分から言う必要もありませんし、せいぜい評価面談の時に上司に指摘されるくらいでしょう。

しかし僕も来年は30歳です。

ここらで暴露してしまおうかと思います!

 

まあ僕と一緒に仕事をしたことのある方は、大体気づいているかとは思いますが…。

そうでない方も一度眼を通しておくと、僕の取り扱いが多少楽になるかもしれませんw

敵を知るにはまず見方からと言いますしね。

違うか…?

 

 

1. 人に頼るのが下手

仕事というのは大体がチームプレーです。

まあたまに一人で開発して、一人でテストして、納品して…という一人プロジェクトもありますが、基本的にはチームで行うものです。

で、僕は人に何かを頼むのが凄く下手です。

人に頼むくらいなら、大変でも自分でやってしまおう、という考えが根本にあります。

 

これは親のせいにするようでアレなのですが、凄く厳しかったのですよ。

子供の頃から、何事も自分一人で解決することを求められていました。

最後に頼りになるのは自分だけ、という点では良い教育方針だと思うのですが、そのせいか誰かに頼るという発想そのものが欠落しています。

出来るまで、何時間でも自分一人で抱え込んでしまいます。

 

2. マイナス思考過ぎる

何をするにも、常に最悪の事態を考えてしまいます。

考えすぎて、始まる前からコンディションが最悪なことが多いです。

「まあ何とかなるでしょ!あっははははは!」というのもどうかとは思いますが、どうにもマイナス思考すぎる気がします。

 

まあ失敗したって命まで取られるわけでもないし、と考えるようにはしているのですが、どうにもダメなんですよね。

これも上の話と関連するのですが、子供の頃から失敗は許されなかったのです。

 

3. 興味の無いものには全くやる気が出ない

社会人として給料を貰っている以上、やりたくないことでもやるのは当たり前だろ!

わかっています、わかっていますが、ダメなんですよ。

 

逆に面白いと思ったものには寝食を忘れてのめり込むのですが、興味が無いものは全くダメです。

これについては理由がわかりません。

と言いますか、単純に僕がダメ人間だという話だと思うのですが…。

 

まとめ

抜けがあったら教えて下さい…。

怒りませんので、教えてください…w

僕自身が認識しているのは、取り敢えずは以上です。

こんな僕を今後ともよろしくお願いいたします。

 

今回は以上!

ลาก่อน!!