初めて使い捨てではない、お高めの髭剃りを購入したら凄く良かった話

3851416310_faaf53f967_b_mini
photo credit: First time shaving via photopin (license)

毎日使うものだからこそ

今までは使い捨ての安い髭剃り、例えばこのようなやつを使っていました。

 

 

まあ、これでも困らないのですよね。

ちゃんと剃れますし。

 

ですが、いかんせん不精といいますか、ケチといいますか、使い捨てにも関わらず1ヶ月上使ってしまうのです。

当然、全く剃れなくなります。

元々ヒゲはあまり密度はないのですが、それなりに伸びますので、夕方くらいになるとゾリゾリしてきます。

 

見た目に関しては非常に緩い会社ですので、別にヒゲが伸びていたところで問題ないのですが、ゾリゾリするのはやはり不快です。

というわけで、少し奮発して刃が交換できるタイプの、少しお高い髭剃りを購入してみました。

 

 

革命的なほど剃れるぞ!

購入したのはコチラです。

 

 

言うほどお高くはないのですが…。

使い捨てに比べればちょっと高い、程度です。

Amazonで概ね評価が良かったので決めました。

 

早速使ってみたのですが、今までのは何だったんだ!というくらいに剃れます。

そして刃の当たりが滑らかです。

あまりに滑らかなタッチなので、刃の部分にプラスチックのカバーでも付けっぱなしになっているのかと思いましたよ…。

剃るのに全く力を入れる必要がありません。

 

ちょっと不満なところ

鼻の下が若干剃りづらいです。

刃の幅が結構あるせいか、鼻の下への収まりが悪いのです。

まあこれに関しては慣れでしょう。

 

あと本体の値段に比べると、替え刃がお高いです。

 

 

一般的に髭剃りの替え刃は高いようですね。

消耗品で儲ける仕組みだとか…。

プリンタの交換インクと同じ商法ですね…。

 

まとめ

使い捨ては旅行・出張用と割り切ったほうが良いかも。

元々はそういった時に使うものなんでしょうけど…。

家で常用するのはやめようと思います。

 

今回は以上!

ardievas!!