もう3回も感染性胃腸炎にかかったので対処方法まとめ

21516076432_d9b9f2ec5f_b

本気で命の危険を感じるくらいに辛い

私事ですが、先日、感染性胃腸炎にかかりました。

ここ10年ですでに3度目です。

一晩トイレで悶ましたよ…本当にもう辛いのなんのって…。

 

ここで感染性胃腸炎というのは、ウイルスや最近による感染症のことで、秋から冬に流行するそうです。

 
東京都感染症情報センター » 感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を中心に) infectious gastroenteritis

 

症状としては、もうひたすら下から◯痢!◯痢!◯痢!

最終的にはほぼ血が出てきます…。

 

今回はさすがに3度目ということで、多少は対処方法も身についてきました。

同じ症状で苦しむ方のために、少しでもお役に立てればと。

 

 

しばらくトイレからは出ないほうが良い

地獄の苦しみですが、ほぼ出るものが無くなってしまうまでは、トイレから出る必要はありません。

どうせすぐにまたもよおして、トイレに戻ることになります。

ここは諦めて、1時間でも2時間でも立て篭もる覚悟を決めましょう。

 

出来るだけ早く病院に行く

トイレから出られないので、なかなか病院に行くタイミンがありませんが、何とかすきを突いて、出来るだけ早く病院に行くようにしましょう。

放っておいても数日で治るようですが、僕の経験上、病院で処方された薬を飲んだら半日程度で全快しています。

 

病院では何を食べたか聞かれると思います。

僕の場合は最初の2回は半生の鳥のササミが原因でした。

3回目は原因不明。

あとは下腹部を押されて痛くないかどうか確認されますが、たぶん盲腸ではないということを確認しているのだと思います。

 

とにかく水分をとる

胃腸が弱っているので、食事をとるのは難しいでしょう。

ですが水分は必ずとるようにしましょう。

これは病院でも言われると思います。

 

飲んでもすぐに下から出てしまうのですが、とにかく失った水分を補給しないと、脱水症状になってしまっては大変です。

体が痺れてきたり、めまいがしたります(経験談)。

 

ということで、とにかく出るものを出しきって、早く病院へ!ということです。

命の危険を感じると最初に書きましたが、しっかりと薬を飲んで休養すれば、意外とあっけなく治ります。

慌てず、騒がず、冷静に対処するようにしましょう。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: Retrato via photopin (license)