タスク管理ってやっぱり大事だよね!っていうお話

origin_4330944941
photo credit: koalazymonkey via photopin cc

タスク管理を意識するようになったきっかけ

僕はこの春から、縁あってタスク管理の権威であるjMatsuzaki(@jmatsuzaki)さんと仕事をさせてもらっています。

となると必然的に仕事をする上で、タスク管理を意識するようになります。

そこで約1ヶ月半たった現在の雑感を、取り留めもなく書いて行きたいと思います!

 

本来ならばやっていて当然の事だった!

タスク管理というと、ん?管理?マネージメント…?と、難しい話になりそうですが、

僕が実践しているのはざっくりと、以下4つのフローだけです。

  1. 出社したらその日やるべき事をリスト化する
  2. リストに優先順位を付ける
  3. 優先度順にタスク(要は仕事)をこなす
  4. 終わったら帰る

……

………

当たり前の事じゃねーかwww

はい、当たり前の事ですが、実践できている人は意外と少ないのではないでしょうか!?

ちなみにそれ以前の僕の仕事フローは以下です。

  1. 出社したら目の前のタスクから片付けていく
  2. 次に目の前に来たタスクを片付けていく
  3. 次に目の前に来たタスクを片付け(ry
  4. 次に目の前に来たタス(ry
  5. 次に目の(ry
  6. やる事が無くなったけど、取り敢えず会社に残っておく(バグとか出るかもしれないし)
  7. うーん…(Yahoo!ニュースぽちっ…)
  8. ………帰るか?…チラッ
  9. ……………帰ろう

というように、酷いものでした。

特に6番以降は良く訓練された社畜ですね。

 

実践する上で大事な事って?

それはズバリ!

”タスク管理を目標にしてしまわない事”

タスク管理は仕事をする上での”手段・手法”であって、決して”目的”ではありません。

  • 予定に無い重要な仕事が降ってきたら、タスクリストに構わず対応する
  • タスクが終わらなくても気にしない→次の日に再度予定を組み直せば良い
  • 終わったら勇気を持って帰る

特に日本人だと、さっさと帰るというのは何よりも難しいです。

バグが見つかったら…障害が発生したら……。社畜の心配事は絶えません。

僕の場合は、ネットに繋がりさえすれば24時間365日仕事が出来る環境が用意されています。

モチベーションも現在はあります!

職種によって全然事情が異なると思うので難しいところではありますが、そういう文化が日本にも根付いてくれることを願います。

 

まとめ

ダラダラと取り留めもなく書いてきましたが、こういう事って突き詰めていくと、

”皆で定時に出社して、顔つき合わせて仕事する必要なくね?”

って感じがしてきませんか?

そのためのツールも今は豊富にあります。

後はコミュニケーションロスの問題さえ何とかなれば!!

チャットやビデオ会議では、対面でのコミュニケーションには勝てませんからね…。

以上です!!もう少しメリハリをつけて仕事をしたいな!!(今は出来てるけど!)

doei!!