引っ越しました!そして実に7年振りにスピーカーで音楽が聞けるようになった話

large_4670607841
photo credit: Froschmann : かえるおとこ via photopin cc

就職したらスピーカーを買うという夢がありました

僕は音楽が好きです。

縁があってFrekulで働いていたり、CDを買いまくっているという記事を書いたりしました。

僕が未だに敢えて”CD”を買う理由

 

同時に、オーディオ(機器)も好きです。

これもまた父の影響を大いに受けているわけなんですが、学生時代からコツコツとバイト代を貯めては、オーディオ機器を購入していました。

ちなみに、

CDプレーヤーはDENONのDCD-755Ⅱ、プリメインアンプはonkyoのA-933、スピーカーはSHARPのミニコンポに付いてきたものです。

 

今調べてみたら、どちらもディスコンですね…。

まあ7年も経てばそうなりますよね。

 

バイトの稼ぎでは、最後に唯一スピーカーを買うことが出来ませんでした。

そこで、就職したら良いスピーカーを買うぞ!という夢があったのです。

 

 

しかし現実は残酷でした

新入社員の安月給で住めるような家では、スピーカーが使えません。

壁が薄いのです。

ぶっちゃけ、隣の家のくしゃみや笑い声が普通に聞こえます。

そんな部屋でスピーカーを使うわけにはいきません。

 

僕の夢と希望はあっけなく潰えました。

 

しかし今回ついに!

7年間歯を食いしばって仕事を頑張り、今回そこそこ良い家に引っ越すことが出来ました。

見た感じ結構壁は厚そうで、常識的な音量であれば、スピーカーを使っても大丈夫そうです。

頑張ってきて良かった!

 

そうなると早速スピーカーが欲しくなります。

今使っているミニコンポの付属品では、さすがにちょっと物足りません。

B&WのCM1あたりを狙っております。

 

まとめ

ますますCDで散財しそうw

音楽をスピーカーで聞くのと、ヘッドホンで聞くのとは違うのですよね。

どちらがいいという話ではなく、スピーカでは音に包まれている感があります。

BGM的に聞きたい場合はスピーカー、集中して聞きたい場合はヘッドフォンになると思います。

 

今回は以上です!

Fodhlíthe!!