僕がドコモから日本通信のMVNOに乗り換えた3つの理由

large_5951154679
photo credit: sillygwailo via photopin cc

無駄な通信費を払っていたことに愕然としました

皆さんは携帯代に毎月いくら払っているでしょうか?

何やかんやで1万円を超えているという人も結構多いと思います。

僕は¥3,400です。

決して安さ自慢をしたいわけではないですし、携帯の使い方によって一概にMVNOが良いというわけではないと思います。

ただ僕の使い方ではこんなに安くなりました、というのを一例としてご紹介したいと思います。

 

 

理由1:月に7GBも使わないから

僕はAndroidユーザーです。

Androidでは、通信量の大体の目安を見ることが出来ます。

こんな感じですね。

2014-06-22 13.41.236/15〜6/22の一週間で、約181MB使っていることがわかります。

これを一ヶ月とすると、単純に4倍して約720MBになります。

なんと7GB制限が騒がれている昨今に、1GBも使っていない善良なユーザーがここにいました!

これは単純計算ですが、実際にまだ1GBを超えたグラフを見たことがありません。

 

この状態で、パケ・ホーダイ等を契約しているのはムダです。

そこでMVNOという選択肢を思いつきました。

 

現在契約しているのは、日本通信のスマホ電話SIM フリーData+3GB 高速データオプション です。

料金は¥1,560 + ¥1,560で、3GB/月まで速度制限なしです。

これで十分ではないでしょうか?

ちなみに日本通信のスマホ電話SIM フリーDataのみという選択肢もあります。

ただこれの欠点は、容量制限が無い代わりに、速度が200kbpsという点です。

正直、MVNOの通信速度は遅いです。

特に平日昼間の都内などは厳しいです。

そこにさらに速度制限がかかってしまっては、いくら容量無制限でもさすがにキツイです。

 

理由2:電話はIP電話という選択肢が出来たから

安い料金プランでは、通話料が高いです。

僕の場合だと、20円/30秒になります。

そもそも電話なんてほとんど着信専用になっているのですが、やっぱり安いほうが良いですよね。

 

そこでFUSIONのIP-Phone SMARTを契約しました。

かける先にもよりますが、8円/30秒で利用できます。

 

また、IP電話には050 plusという選択肢もあります。

通話料はさらにこちらの方が安いです。

ただし、月額基本料が¥324かかります。

ほとんど電話を使わない僕としては、月額基本料のかからないFUSIONの方が安いのです。

この辺は電話を使う頻度によって、よく考えた方が良いと思います。

 

理由3:WiMAXという代替の通信手段を手に入れたから

WiMAXが良いよ!という話はこちらの記事に書きました。

スクリーンショット 2014-06-22 23.09.50

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UQ WiMAXが意外と使えるコだった!1ヶ月使ってみた感想

¥3,696で容量制限無し、速度制限無しで、ADSL並みの速度がどこでも使えます。

これは革命的に便利です!

詳しくは上記記事を御覧ください。

 

あまり安さだけを追い求めても…

ここまで読まれた方は疑問に思われるかもしれません。

データ通信simの方がもっと安いじゃんと。

僕がわざわざ音声電話付きのsimを契約しているのは重要な理由があります。

それは、

IP-Phone SMARTや050 plusでは、110番や119番等の緊急呼にかけることが出来ません。

これは結構重大な点だと思うので注意して頂きたいです。

人間、夜中に急に体調を崩すという状況も考えられないではありません。

僕も一応一人暮らしですので、そこで119にかからないのは致命的です。

そういった場合の保険の意味で、音声電話付きのsimを契約しています。

重要なのでもう一度言いますが、緊急呼にはかかりません!

 

まとめ

一度自分の利用状況を見直してみましょう!

MVNOなら絶対安いよ!とお勧めするものではありません。

使い方次第では逆に高く付いたり、著しく不便になるかもしれません。

その辺を見極めるためにも、一度自分の契約状況や使用状況を精査してみるのがお勧めです。

 

今回は以上です!

ciao!!