休日の夜に自分の今後のキャリアについて考えてみる

Hard day
photo credit: Franck Vervial via photopin cc

いつの間にか30歳が目前に!?

僕はもうすぐ誕生日なんです(チラッ

29歳になります。

22歳で新卒で今の会社に就職し、とにかくがむしゃらに社会人をやっていたら、いつのまにか30歳という未知の領域が目前に迫っていました。

 

自分は今後どうなるのだろう?

そんなことは誰にもわかりません、というか全ては僕次第です。

そこで目標設定といいますか、今までと、そしてこれからのことを少し考えてみたいと思います。

 

 

コーダーやって7年になります

プログラミングのプの字も知らない状態でこの世界に入り、何やかんやで間もなく7年になります。

社会(≒ほぼ今の会社なわけですが)の中で、自分の開発能力はどの程度なのだろうという疑問が、3年目あたりから芽生え始めました。

正直日本ではいわゆるコーダーの地位は低いです。

言ってしまえば、”ただ手を動かして言われた通りに作れば良い。”という状況です。

 

言われた通りにやっていれば給料が貰えるなら、楽じゃないかという話もあります。

ですが、その状況に嫌気が差しました。

それが4年目の話です。

 

僕は感情表現が乏しいこともあり、特に何も考えずに淡々と仕事をしていると思われがちですが、実は一つだけ目標にしていることがあります。

“世界に何かしらの爪痕を残してから死にたい。”

これだけ書くと何だか物騒ですがw

少し噛み砕いて書くと、

“世界中で10人にでも20人にでも良いから、誰かの役に立つ、誰かが幸せになるものを作り出してから死にたい。”

ということです。

 

ただ言われたことをこなしているだけでは、そういったものは作り出せません。

そこでWeb系の開発者に転向するべく行動に出たのも、4年目のことです。

 

なぜWeb系の開発者に転向したのか

A.様々なWebサービスが世の中を便利にしていくのを、指をくわえて見ているのは耐えられなかったから。

丁度、mixiやtwitter、Facebook等のSNSが世の中に広まり、何だか世界が変わっていくのを感じていました。

その他にもシリコンバレー等では日々新しいサービスが産まれ、ニュースとして日本に届いていました。

 

それを見ているうちに思ったのです。

面白い。一枚噛みたい。

と。

 

そんなわけで今はFrekulの開発をしているのです

その後、偶然なのか、素晴らしい(?)上司のおかげなのかはわかりませんが、Web系スタートアップで働くチャンスを与えられ、現在に至ります。

まさに、

求めよ、さらば与えられん

という状況です。

僕はキリスト教徒ではないですけどw

 

今仕事を頑張る原動力になっているのは、ただ1つだけです。

面白いから。

 

正直なところ、いつの間にか給料アップには特に興味が無くなっていました。

(いや、かと言って上がらなくて良いとか、下げても良いという話ではないんですけど。。。)

やはり面白く無いと続かないと思ったのです。

65歳定年としても、あと約35年も働かなければなりません。

面白く無いと続けられないと思っています。

 

今後は…

だいぶ端折りましたが、7年でかなり沢山の変化がありました。

今後も何があるかわかりません。

ひょっとしたら起業したりするのかもしれません。

 

でも起業が目的ではありません

あくまでも“誰かの役に立つものを作る”ことが目的です。

そのために起業が必要であれば、する、という程度の話です。

 

取り敢えず今は起業なんて全く考えていません。

”誰かの役に立つもの”が思いついていないからです。

言ってもまだ7年です。

まだまだチャンスはあるでしょうw

 

まとめ

正直、これからの事はわかりません。

今現在は、勝手に色々なことが起きて、状況に流されている感じです。

荒波でも、楽しむ余裕があればなかなかオツなものですw

 

今回は以上!

Αντίο!!