初めてのフルーチェ体験!「フルーチェMIX ブルーベリー☓ブドウ」を堪能した!【PR】

フルーチェの新商品モニターに参加しています。

恐らく知らないという人はいないであろう有名なデザート、フルーチェ

僕ぐらいの世代(30歳前後)では、夏になると西田ひかるさんが出演CMがよく流れていたのを懐かしく思う人も多いのではないでしょうか。

 

…が、実はまだ一度も食べたことが無かったのですね…。

別に割けていたわけでは全く無いのですが、31年間フルーチェに遭遇する機会がありませんでした。

ですが今回、新商品のモニターということでご提供頂きました!

 

▼ご提供頂いたのはこちら。

  • フルーチェMIX ブルーベリー☓ブドウ
  • フルーチェ イチゴ
  • フルーチェ 蜜リンゴ味

の3種類。

フルーチェMIX ブルーベリー☓ブドウとフルーチェ 蜜リンゴ味は1/23日発売の新商品、フルーチェ イチゴも「FRESH UP」ということで、より美味しく改良されたようです。

 

本当は3種類全部の味を試してみたいのですが、一箱で4人分。

さすがに一人では消費に限界があるので、今回は厳正なる抽選の結果、フルーチェMIX ブルーベリー☓ブドウを作ってみることにしました。

それでは初めてのフルーチェ体験、始まるよ!

 

作り方は非常に簡単

一度も食べたことが無いと書きましたが、それでも作り方だけは知っています。

「牛乳を入れて混ぜるだけ」

ですよね。

なぜ知っているかというと、これも子供の頃に見たCMの力です。

さっそく作っていきましょう!

 

▼用意するのはこれだけ。

  • フルーチェ 1箱
  • 牛乳 200ml
  • 適当なサイズのボウル
  • 混ぜるためのスプーン

気を付ける点としては、

  • フルーチェの素自体は冷やさない、牛乳はしっかりと冷やす
  • 牛乳は「種類別:牛乳」と書かれているものを用意する

という2点くらいでしょうか。

特に牛乳の種別に関してはしっかりと確認しないと、うまく固まらないことがあるようです。

(もちろん豆乳などは不可。)

 

ちなみにフルーチェが固まる仕組みに関しては、公式サイトでわかりやすく解説されています。

明らかに子供向けですが、オッサンも一つ勉強になりました。

 

▼まずはボウルにフルーチェを投入。

この時点ですでにベリー系の良い匂いがします。

食パンを浸して食べたくなる感じ。

 

▼続いて牛乳を一気に投入します。

投入した時点で固まり始めます。

ここからはスプーンを使ってよくかき混ぜます。

目安としては1秒間に2周くらいだそうです。

 

どれくらい混ぜたら完成なのかがよくわからなかったのですが、ダマ感が消えて、馴染んだ感じになるまで混ぜました。

と言っても1〜2分です。

▼まだダマ感が残っている状態。

 

▼もう少し混ぜて、馴染んだ状態。

 

▼あとは器に盛り付ければ完成です!

 

実食

さて、いよいよ実食です。

果たしてフルーチェとは如何なるものぞ!

……

………

…………

うまし。

 

食感としては、少し緩めのヨーグルトといった感じ。

牛乳を入れているので、味的にもヨーグルト感があります。

ただヨーグルトよりも圧倒的にプルン感があります。

そしてブルーベリーの果肉のプチプチ感も、良い感じでアクセントになっています。

 

少しアレンジ

そのまま食べても十分美味しいのですが、色々なアレンジも可能です。

公式サイトにもたくさんのアレンジレシピが掲載されています。

 

今回は手軽にフルーチェのクラッカーのせを試してみることにしました。

▼使用したのはこちらのクラッカー。

たまたま家にあったというだけで、クラッカーという名前の付くものなら何でもOKなはずです。

 

▼お皿に並べて…

 

▼フルーチェをのせるだけで完成!

これもまた非常に美味でした!

フルーチェのジューシーさと、クラッカーのサクサク感がよく合います。

クラッカーについている若干の塩味もまた合います。

この上にミントの葉でも飾り付ければ、お洒落カフェなら300円くらいはしそうなレベルです。

 

というわけで、31年間生きてきて初めてのフルーチェのレビューでした。

全体としては、「特に子供はこういうの好きだろうなあー」という感じ。

5分もあれば作れますし、一箱でも4人前という量があるので、子供が友達を連れてきた時に出すと喜ばれそうです。

(という31歳、独身からのアドバイス。)

 

ご馳走様でした!