チェーン店ではないローカルな喫茶店について3点熱く語りたい

large__7864852790
photo credit: Linh H. Nguyen via photopin cc

喫茶店が好きです

いわゆるカフェでも良いのですが、喫茶店が好きです。

なんというか、あの独特の雰囲気が好きなのですよね。

  • 自慢気に並べてある、店主が拘りぬいたであろうコーヒー豆の陳列
  • お世辞にも画質の良くないメニューの写真
  • 店いっぱいに広がっているコーヒーの匂い
  • たぶん近所に住んでいるであろうおじさん、おばさんがたむろしている
  • etc…

落ち着くんです、この感じが。

たまにはお洒落なカフェに行くのも良いですが、やはり好きなのは喫茶店です。

 

今回は、ローカルな喫茶店をおすすめしたい理由3選です。

 

 

コーヒーが美味い(高いけど)

カップ1杯のコーヒーで4~500円取られます。

正直、高いですよね。

でも美味しいんです。

 

瓶の中からコヒー豆を取り出して…

豆を挽く音がして…

雰囲気も楽しむことが出来ます。

これはチェーン店では味わえないですよね。

 

僕は喫茶店では、真夏でもアイスコーヒーを頼みません。

ブレンドコヒーなど、ホットを頼みます。

アイスコーヒーも好きですが、冷たいとコーヒー本来の美味しさが4割減くらいになっている気がするのですよね。

コクが無いといいますか…。

 

クーラーでキンキンに冷えた喫茶店で、熱いコーヒーを飲むのもオツなものです。

 

パン系(サンド系)メニューを頼むべし

お世辞にも写真が綺麗ではなく、フォントも合っていないメニュー表が出てくることが多いです。

とても美味しそうには見えません。

大丈夫です。

美味しいです。

(大抵の場合は…。)

 

表面カリカリ、中ふんわりに焼かれたパン。

そのパンに挟まれたシャキシャキのレタスや、トマト、肉厚のベーコン。

この、正にちゃんと今作りました感!

今パンをトーストしました感!

これもチェーン店では味わえません。

 

ちなみに喫茶店といえばナポリタンですが、これは結構勇気がいりますね。

不味いパンはあまり無いですが、不味いパスタは十分ありえますので…。

なかなか初めてのお店ではハードルが高いです。

 

子供連れや学生集団はまず来ない

これ結構重要ですよね。

喫茶店は時間を潰すために本を読んだり、軽く仕事をしたりすることも多いです。

チェーン店だと、結構騒がしいですし、混んでいてなかなか長居し辛い場合が多いです。

喫茶店ではまずその心配はありません。

メニューが高いのも、場所代だと思って我慢しましょう。

 

まとめ

喫茶店行きましょう(迫真)

あまり混んでいないといっても、大体1時間~長くても1時間半ぐらいで退店するのがマナーでしょうかね。

皆様もマナーを守って楽しい喫茶店ライフを!!

 

今回は以上!

ffarwel!!