Apple Watch発表!この辺で現状のスマートウォッチの問題点をまとめてみる

large__14217451220
photo credit: Just Ard via photopin cc

いよいよスマートウォッチが盛り上がる!…のか?

結論から言いますと、あと3〜5年は必要ではないかなと思います。

いち早くAndroid Wearの第一弾端末である、LG G Watchを入手して使用してきたわけですが、色々と不満な点があります。

何と言いますか、期待していたものと違います

 

そこでApple陣営とGoogle陣営のスマートウォッチが出揃いそうな今、使っていて感じた事をまとめておきたいと思います。

全て僕の独断と偏見に基づくものですので、悪しからずご了承下さい。

 

 

電池が保たない

これはガジェットとしては致命的だと思うのですよね。

LG G Watchの場合、

  • 画面常時点灯OFF、メールのチェックに使うくらい → 3、4日は保ちそう
  • 画面上店頭ON、メールのチェックや、ナビとして使う → 1日半くらいが限界

 

といった感じの電池の保ち具合です。

もちろん、インストールしているアプリ等にも左右されると思いますが。

 

僕の使い方は主に上です。

なので、一日で電池は15%くらいしか減りません。

単純計算で、1週間弱は保つことになります。

 

しかしここで重要な事を思い出して下さい。

あくまでも時計なのです。

週1で充電の必要な時計など、この世に存在するでしょうか。

これは手巻き時計ではないのです。

 

そして当たり前ですが、電池が切れると時間を見ることも出来ません。

ただの腕輪と化します。

充電端子も特徴的なので、出先でmicro USBで充電といったことも出来ません。

といいますか、これ以上充電の必要なものが増えたら堪りません…。

 

スマホの代わりにはならない

僕が期待しているのは、スマートウォッチで「読む」「書く」「聞く」が出来ることです。

 

まず「読む」ですが、Gmailをチェックするくらいが限界です。

しかも解像度が低いので、非常に読み辛いです。

理想を言えば、メール、SNS、メッセージアプリのチェックをスマートウォッチ上で完結してしまいたいのです。

現状ではせいぜいアプリからの通知を見るくらいしか出来ません。

 

「書く」についても同様です。

メールの返信や、SNSへのコメントをスマートウォッチから出来るのが理想です。

いや、正確には出来るのですが、入力は音声入力です。

音声で検索するのはまだ良いのですが、さすがに音声でメールに返信するのは勇気がいります。

おかしな文章が送られてしまっては困りますからね。

これは音声入力の精度向上を待つしかないでしょう。

 

最後に「聞く」です。

スマートウォッチで電話が出来ても良いと思いませんか?

現状、着信の通知は来ますが、通話をするにはスマホを取り出さなくてはいけません。

使っていて感じましたが、これはかなりもどかしいです。

 

スマートウォッチを付けた状態で、例えばトイレに行ったとします。

そこで着信があると、スマートウォッチは激しく震えるのですが、震えるだけで電話に出ることは出来ません。

しかし自分は今用を足しているので、スマホを取りに行くことが出来ません。

…トイレで電話に出るなよ、という話もありますが、トイレに限らずスマホから離れる機会は結構あると思います。

ぜひスマートウォッチで通話が出来るようにして頂きたい!

この際相手の声はスピーカーで鳴って、周りに聞こえてしまっても良いです!

 

まとめ

購入するのはもう2、3世代後のほうが良いかもしれません。

取り留めもなく書いてしまいましたが、僕のように適当に使っていても不満点は出てきます。

まだまだ改良の余地はあるでしょう。

と言いますか、取り敢えず発売して、使い勝手はアプリ開発者がどうにかして、というスタンスなのかもしれませんね。

 

今回は以上!

pamit!!