Web開発者がノートPC1台で何とかなるのか!?何とかするのがプロさ!!

large_2700404465
photo credit: Giovanni ‘jjjohn’ Orlando via photopin cc

ノートPC1台で頑張ってます

皆さん、特にプログラマの方はどのようなPC環境で仕事をされているでしょうか?

プログラミングに使うPCって、結構スペックが大事ですよね。

そこら辺をなかなか会社の偉い人に理解してもらえなくて、苦労している方も多いかと思います。

最近ですと、「エンジニアは自分の好きなPCとキーボードを選べます!」と求人に書いてある、主にベンチャー企業も結構ありますね。

きっと中の人は前職で苦労したのでしょうw

 

で、ワタクシも一応開発者の端くれとして、今まではそれなりの環境で仕事をしていました。

Core i5、メモリ8GB、ディスプレイは1,900☓1,200といった感じです。

まあ、中の中の上くらいですが、割と快適でした。

 

それが今年の春から、ノートPC1台という体制になってしまいました。

予算削減とかそういった話ではなく、社外で仕事をするのがメインになったためです。

機種はといいますと、LenovoのX230です。

Core i5、メモリ4GB、12.5inchです。

(さすがにメモリが4GBは厳しいので、自宅で余っていたものを追加しました…。)

 

 

実際のところどうなのか?

何とかやれています。慣れが重要。

 

人間の適応力というのは大したもので、すぐに慣れます。

まず一番の難点はディスプレイの大きさでしょう。

プログラマの生命線です。

 

これはもちろん不満が無いわけではありませんが、慣れます。

12.5inchのディスプレイで、

 

  • PHP書いて
  • JavaScript書いて
  • Java書いて
  • SourceTreeでコミットして、プッシュして
  • 画面のワイヤフレームを確認して

と、ひと通りやっています。

ワイヤフレーム等のドキュメントは解像度的に厳しいですが、まあ何とかなります。

 

逆に良いところもある

全てがノートPC1台で完結しているというのは、良い点もあります。

 

どこでもコードが書けます。

 

会社の規則に寄りますが、僕の会社は比較的個人の裁量に任されているので、ドトールでPHPを書いたり、個人経営の落ち着いた喫茶店でJavaScriptを書いたりしています。

 

最強のデバッグツールは気分転換だと思うのですよね。

ちょっと立ち上がって、喫煙所でタバコを吸っている時や、家に帰って風呂に入っている時に、コードの穴に気が付いたりします。

プログラマの方であれば、どなたでも一度は経験があるのではないでしょうか。

 

まとめ

難点は肩が凝ること。

PCって重いんですよ。

本体だけで1.5Kgくらい。

ACアダプタやマウス、その他細々した周辺機器を常に持ち歩いていると、肩が凝ります。

そのため、今までは通勤カバンはショルダーバッグだったのですが、リュックサックに変更しました。

 

今回は以上!

hindi importanteng bagay!!