組み込み系プログラマからWeb系プログラマに転生する際に重要なこと3選

origin_9292544010
photo credit: Alexander Rentsch via photopin cc

気持ちの切り替えが必要です

プロフィールにも書いていますが、僕は元々組み込み系のプログラマでした。

プログラミング言語の習得はC++ → C → Javaという感じです。

しかし現在は完全にWeb系のプログラマにシフト完了しています。

その過程で気づいた大事な点を3点上げたいと思います!

 

組み込み系とWeb系ではあらゆる点で異なります。

書き出したらキリがないので、今回は以下3点を取り上げます。

  • あまり理屈を考え過ぎない
  • 時には諦めも必要
  • 1にも2にもスピード感

それでは早速見て行きましょう。

 

 

あまり理屈を考え過ぎない

CやC++は、理屈どおりに動く言語です。

初心者を悩ませるポインタを始めとして、メモリ管理からハードウェアの制御まで何でも出来ます。

 

逆にWeb系の言語は、いかにフレームワークを使いこなせるかという話になります。

細かいことを気にする必要はありません。

全部フレームワークがよしなにやってくれます。

もちろんフレームワークの処理をちゃんと理解しているに越したことはありませんが、知らなくても十分使えてしまいます。

 

要するに、取り敢えず動くものを作りたければ、フレームワークで用意された処理を叩くだけで出来ます。

理屈を考える必要は無いのです。

たぶんここが組込系のプログラマには気持ち悪い点でしょう。

「自分のあずかり知らない所(フレームワーク内)で勝手に処理が動いている」

これは割り切るしかありません。

もちろん余裕があれば、フレームワーク内部の処理を追っても良いでしょう。

 

時には諦めも必要

上でフレームワークについて書きましたが、逆に言うと、

フレームワークで用意されていない機能は、どう頑張っても実現出来ません。

最初から、出来る事が決まってしまっています。

 

組み込み系は違います。

頑張れば何でも出来ます。

もともとはOSを作るための言語ですしねw

プログラマの力量さえあれば、出来ないことはありません。

 

ということで、出来ないものは出来ないという諦めも必要です。

もちろん自分で新たなフレームワークを作ったりすれば出来るのでしょうが、普通の職業プログラマでそこまでする人はまずいないでしょう…。

 

1にも2にもスピード感

別にWeb開発に限った話ではありませんが、今の時代はとにかくスピードが大事です。

  • フレームワークで用意されているものを最大限活用する
  • 出来ないものは諦める、もしくは代替案を用意する

この2つを実行すれば、必然的に開発スピードはあがります。

一晩で世の中を変えるサービスを作ることも出来るかもしれません。

これは僕が一番大事にしている点です。

 

まとめ

それほどハードルは高くありません。

むしろ最初に組込系の言語をやっていると、”プログラム”というものの理屈を理解出来ているので、いきなりWeb系の開発から始める人と比べると、だいぶアドバンテージがあります。

現に、僕もWeb系に転向して3年弱ですが、今では普通にバリバリ開発しています。

何事も始めるのに遅すぎるということは無いということですね!

 

今回は以上です!

sib ntsib dua!!