スタートアップで働いてみて思ったこと~仕事とプライベートの境目が無い人が多い~

9675018730_24b923eb61_h
photo by vancouverfilmschool

よく趣味を仕事にして良いのかという議論がありますが…

今回は、スタートアップで働いて感じたことを書き綴る企画の第2弾です。

ちなみに第1回はこちらです。

スタートアップで働いてみて思ったこと~少人数であることの強み~

 

趣味を仕事にして良いのかという話がよくあります。

  • 仕事は仕事、趣味は趣味ではっきりと分けるべき
  • やはり好きなことをやった方が良い

という2つの意見がありますね。

個人的にはどちらも正しいと思います。

ただ、社会人として6年間過ごして感じたのは、後者の方が良いかな、ということです。

 

なぜこんな話をするのかと言うと、今回の話に簿妙に関係するからなのですが、いわゆるIT系スタートアップには、仕事とプライベートの区別がない人が多いです。

自分のやりたいことをやっているので、”仕事”と思っていない。

と言ったほうが正しいでしょうか。

  • 平日は夜遅くまで仕事をしている
  • 休日も仕事をしたり、勉強会に行ったりしている

いわゆる普通の企業で、ここまでする人はなかなかいないのではないでしょうか。

しかも本人は全く大変だとは思っておらず、むしろ楽しんでいます。

 

 

エンジニアが興味を持つと界王拳10倍くらいになる

僕も含めて、開発者というのは良く言えば職人肌です。

こだわる所はとことんこだわりますが、興味のないことには無頓着です。

 

そんな開発者が俄然やる気を出す時があります。

それは、

”面白い”と思った

時です。

 

よくある話なのですが、開発者が”暇だったので作ってみました”と言って、新たなソフトやサービスを作ってくることがあります。

その完成度は凄まじい物があります。

暇つぶしってレベルじゃねーよ!というものを平気でプライベートの時間を削って作ってくるのです。

 

社会人ですから、やりたくない仕事もやらなくてはいけません。

しかしそこは人間ですから、面白いと思ったら俄然やる気が出てきます。

開発者の場合は、そこがものすごく極端な気がします。

 

 そんな人達があつまれば凄いことになる

昨今は学生ベンチャーも多いと思いますが、一度就職して、退職後に起業するというパターンも多いと思います。

そのような人達は上記の、界王拳10倍状態の人が多いと思うのですよね。

サラリーマンをやる自分に限界を感じて、面白いことをやりたい!と思い立った人達です。

僕もその1人です。

 

そのような人達が集まれば、凄いものが作り出せると思います。

なにせ、面白いと思っていることをやっているのですから。

それがスタートアップの大きなエネルギー源であり、アドバンテージであると思います。

 

まとめ

仕事を楽しいと思えるかどうかって非常に重要ですよね。

仕事のアウトプットってそこに非常に左右されるのですよね。

しかも周りにそういったエネルギッシュな人がいると、他の人も良い意味で巻き込まれて、全体的に士気が向上します。

 

僕も良い感じに巻き込まれて、日々頑張っておりますよ!

 

今回は以上です!

isimi!!