YoutubeやHuluが放送局に取って代わる日も近い?

large_2406468228
photo credit: codenamecueball via photopin cc

テレビを掌握すれば、ホームエンターテイメントを掌握できる?

たまには真面目な記事も書きますよ!

 

今日、こんな記事を見つけました。

YouTubeがテレビ用インタフェイスを刷新、いかにもテレビ的に – TechCrunch

テレビ用のYoutubeのデザインが刷新されるという、まあそれだけの記事なんですが。

GoogleもAppleもMicrosoftも、テレビに進出したいのだろうなぁと思いました。

 

もちろんここで言う”テレビに進出”というのは、放送することではありません。

従来のテレビ放送に代わるエンターテイメントサービスを作り出すということです。

 

Chromecastだったり、Apple TVだったり、XBoxなんかはその最たる例ですね。

テレビという機器をそのまま使って、テレビ放送に代わる使い方を提案しています。

 

 

そもそもテレビ見ていますか?

テレビの視聴率が散々なものになっているというニュースはしょっちゅう出ています。

もうテレビを見ているという人はどんどん少なくなっているのではないでしょうか。

 

かくいう僕もほとんど見ていません。

どうしてみ見たい場合は、録画して、半分早送りしながらざっと流し見する程度です。

 

その代わりに何をしているのか

テレビをほとんど見ていないと書きましたが、テレビ番組を見ていないだけで、テレビは見ています。

YoutubeやHuluを見ているのです。

特にHuluは一押しです。

 

  • CMが無い
  • 続けて全話見られる
  • 好きな時に見られる

この中でも特に、好きな時に見られるというのは一番重要である気がします。

昨今、いわゆるゴールデンタイムと呼ばれる時間に家にいる人は少ないのではないでしょうか。

見たいテレビがあるから早く帰る、という人にも久しくお目にかかっていません。

 

みんなPCやスマホで忙しいのです。

じっくりとテレビだけを見る時間なんて、そうそうありません。

その点、Huluは好きな時間に好きなコンテンツを見られます。

 

もうCMを使った無料放送は限界なのではないか

テレビの広告費がネットの広告費に抜かれて久しいです。

もう限界なのではないでしょうか。

Huluは有料サービスで、933円/月(税抜)です。

しかし、上記の利点があるために、有料でも全く不満はありません。

 

これから先、テレビは有料オンデマンド形式に移り変わっていくような気がします。

有料だけど、好きな時に好きなコンテンツが見られる。

もうそういう時代になっている気がするのです。

 

まとめ

もう最近のテレビ番組は、お金が無いのが丸見えで、見ている方も辛いです。

何年も前にネットで話題になった動画を、衝撃映像!とかいって2時間番組にしたり。

なんだか見ている方がいたたまれないです。

 

宣伝ではないですけど、Huluは本当におすすめです。

2週間の無料お試し期間もあるので、ぜひw

 

今回は以上!

pamit!!