11ac対応&クアッドコアCPUに強化された新Fire TV Stickをゲット!開封&レビュー!

つい先日発売された、新しいFire TV Stickをゲットしました!

購入理由としては、Amazonのプライム会員なのでプライムビデオが使えるのですが、せっかくなのでタブレットやPCではなく、大画面のTVで観たいという理由から。

(PS4でも観られますが、いちいち起動するのが面倒…。)

 

前モデルも結構人気だったようで、今回は3月の発表時に予約しておきました。

この記事執筆時点ではまだ在庫はあるようです。

 

 

注目ポイントとしては、Wi-Fiの11ac対応とCPUがデュアルコア→クアッドコアに強化されたことでしょうか。

前モデルは所有していないので比較できないのですが、レビューを見てみると、操作がサクサクになった、映像が途中で止まったりすることが無くなったという声が見られます。

というわけで新Fire TV Stickをさっそく開封してセットアップしていきたいと思います!

 

開封!

▼パッケージはこんな感じ。非常にコンパクトで、マジックマウスよりも一回り大きいといった程度でしょうか。

 

▼背面には機能説明。

 

▼側面にはスペックが書いてあります。

気がついた人がどれくらいいるのかわかりませんが、よく見ると「デュアルコア」と記載されているんですね。

あれ?クアッドコアじゃ…?

Amazon.co.jpをご利用いただきありがとうございます。

2017年4月6日に発売が開始された第2世代のFire TV Stick(Newモデル)のパッケージに誤りがあることが判明しました。

パッケージ側面に記載されているプロセッサの表記が「デュアルコア」となっていますが、正しくは「クアッドコア」になります。

誤: デュアルコア
正: クアッドコア

なお、本製品のプロセッサにはクアッドコアを搭載しています。

本件に関しまして、ご購入頂いたお客様にご迷惑をおかけ致しましたことをお詫びいたします。

というメールが届きましたw

言われなければ気が付かなかったのに…。

しかもそこは結構なアピールポイントだと思うのですが、間違えちゃったか…w

 

▼気を取り直して箱を開けると、真っ黒な内箱。

 

▼内容物はこんな感じです。

  • Fire TV Stick本体
  • リモコン
  • リモコン用単4電池
  • HDMI延長ケーブル
  • 給電用USBケーブル
  • ACアダプタ
  • 説明書

 

▼本体は思ったよりは大きいな、というのが第一印象。ただし重さは非常に軽いです。

 

▼リモコンは丁度いいサイズ感。裏面がカーブを描いているので、手で握った時に良い感じでフィットします。

 

付属している微妙な長さのHDMI延長ケーブルですが、このようにして使います。

これはTVのHDMI端子付近が色々な機器やケーブルで混雑していて、Fire TV Stickをそのまま挿せない、という時に使うものです。

GoogleのChrome Castも同じ仕様ですが、こういうの大事!

 

あとはHDMI端子に繋いで、USBで給電すれば自動で電源が入ります。

最初に画面の指示に従って初期設定を行います。

  • 言語の選択
  • Wi-Fiの接続
  • アップデートの確認

程度。

 

またKindleと同様に、最初から購入した人のアカウントが設定されています。

最近は何でもIDとパスワードを入力させられて非常に面倒なので、こういうの大事!

その後セットアップが始まり、その間にチュートリアル動画(というか半分宣伝)が流れてセットアップ完了です。

 

 

少し使ってみた感想

huluやNETFLIX、海外のニュースチャンネルなど色々な番組が見られます。

それらは個別にアプリをインストールして観る形になります。

とりあえずAbemaTVとNHK Worldを観てみたのですが、非常に高画質で映像が止まることもありません。

(このあたりは各家庭のネット速度にも依存するので、一概に完璧だとは言えませんが。)

 

あと操作感に関して。

メニューの操作はヌルヌル動いて非常に快適です。

全てリモコンでの操作になりますが、遅延なども無し。

ストレスフリーで素晴らしいです。

 

コンテンツに関してですが、無料のものと有料のもの(レンタル・購入・月額など)の区別がちょっとわかりにくいかな、と感じました。

まだ有料のものを試していないので確かなことは言えないのですが、支払いが発生する場合には必ず確認画面が出る…はず…なので、知らない間に課金されていたということはたぶん無いとは思いますが…。

 

以上、簡単ですがファーストインプレッションでした。

これで海外ドラマなんて観始めたらヤバいことになりそうです…。

 

というわけで今回は以上!