4K対応ハイエンド中華アクションカムHawkeye Firefly開封&レビュー!【PR】


本記事はGearBest様にご提供いただいた商品について掲載しています。記事中のスペック・価格等はすべて記事執筆時点のものです。

もうブームも一段落した感のあるアクションカメラ(アクションカム)。

GoProの業績悪化なども報じられてきて、オワコン感が漂って…いません!

むしろスペック競争が落ち着き、値頃なものも出てきた今こそ買いだと思われます。

そんな折にGearBest様に中華製アクションカムHawkeye Fireflyをご提供いただいたので、レビューをしたいと思います。

 

 

まずはHawkeye Fireflyについて簡単に説明を。

今やアクションカムでも4K対応は当たり前になりつつあります。

ただ、4K対応といっても画質は千差万別、というか値段に比例しているような気がします。

ちょうど1年ほど前にもアクションカムのレビューをしたのですが、撮影はできるものの画質はイマイチ。

しかし今回のHawkeye Fireflyは1万6千円弱と、それなりのお値段がします。

ですからクオリティに期待せざるを得ません。

 

撮影フォーマットはこのような感じです。

Video format: MP4

Video Resolution: 1080P (120fps),1080P(60fps),2.5K (60fps),2.7K (30fps),4K (3840 x 2160),720P (240fps)

Video Frame Rate: 120fps,240fps,30FPS,60FPS

静止画も撮影できますが、今回は割愛。

一般的と思われるフォーマット、「1080P 60fps」と「4K 30fps」の2パターンを試してみます。

 

開封

撮影の前に恒例の開封です。

箱はこのような感じ。

 

サイドにはスペック表記。

 

裏面は諸元表のようになっています。

 

蓋を開けると防水ケースに入った本体が登場。

Hawkeye Fireflyは20m防水になっています。

IMG 20170812 212028

 

ドンっと本体。

IMG 20170812 212405

 

背面の液晶。

IMG 20170812 212413

 

ケースから出して、1年前にレビューした格安アクションカムと比べてみます。(右側がHawkeye Firefly)

大きさはほぼ同じですが、レンズが少し飛び出しています。

IMG 20170812 212236

 

見た目はほとんど変わりませんね。

IMG 20170812 212300

 

底面のフタを開けるとバッテリーが出てきます。(1つ付属)

交換式になっているのがうれしいところ。

IMG 20170812 212449

 

IMG 20170812 212516

 

今回、GearBest様のご厚意で色々とアクセサリを用意していただきました。

自撮り棒、交換用バッテリー、USBマイク、リモコンです。

IMG 20170812 212620

 

汎用の三脚穴が付いているので、”三脚”と名がつくものであればまず使えると思います。

もちろん色々な場所に取り付けるためのアクセサリは付属しているので、これらが無くても十分使えます。

 

 

撮影してみます

それでは撮影してみることにしましょう。

電源を入れるとこのように液晶が表示されます。

IMG 20170812 212847

 

この時点でまず驚きました…。

液晶がヌルヌル動くぞ!!

液晶の綺麗さと撮影映像の綺麗さは関係ありませんが、少なくともコストがかかっていることがわかります。

格安アクションカムとは次元の違う美しさに感動しました。

 

…というわけで撮影をしてきました。

場所は神保町(御茶ノ水)の路地裏です…w

 

1080P 60fps

 

どうでしょうか…?

そりゃあ一眼で撮ったような映像にはなりません。

ですがアクションカムとしては必要十分なクオリティではないでしょうか。

この小ささ、この手軽さでこれだけの画質で撮影できれば文句ありません。

そしてやはり値段だけのことはあるなと感じました。

 

強いて言うならば、手ブレがひどいですね。

手ぶれ補正をONにしているのでマシではあるのですが、それでも脚を地面に付いた時の振動が顕著に現れています。

まあこれは想定済みでした。

Zhiyunの3軸式カメラジンバル「Crane – M」を購入!〜開封編〜

また今度別記事になってしまいますが、Zhiyunのジンバルを使用して撮影してみようと思います。

(ミラーレス一眼用なので重さを工夫する必要があります)

 

さていよいよ4Kです。

4K 3fps

 

えーと、正直に申し上げますが、僕のPC(2〜3年前のMac mini)では4Kの再生がガックガクでした…。

ですので1080Pと比べてどれくらい綺麗なのかは検証出来ていません(4Kのディスプレイもありませんし)。

ですが1080Pを引き伸ばしたなんちゃって4Kではなく、きちんと4Kで撮影できていることはわかります。

 

が、ここで問題が。

4Kモードの場合、せいぜい20〜30秒しか連続撮影が出来ませんでした。

これが仕様なのか、はたまた発熱、あるいはファイルサイズ・フォーマットの問題なのかまだわかりません。

 

今回はとりあえず撮影&撮って出しということで、まだまだ試しきれていません。

4Kの撮影をも少し試してみたいですし、外部マイクも試してみたいです。

それからタイムラプス撮影も出来るようなので、それも…。

長くなってしまうので、そのあたりはまた別記事になってしまいますがお楽しみに!

フルHDで手軽に撮影したいのであれば、Hawkeye Firefly、オススメです!!