スマホケースにもなるセルフィードローン「SELFLY」に感動して思わずポチった!

色々とガジェットを購入してレビューしているこのブログですが、今だに手を出せていないモノがあります。

それは「ドローン」

なぜかと言いますと、ドローンに関しては航空法等での規制が存在します。

いつでもどこでも自由に飛ばす、というわけには当然いきません。

法律ですから、「知らなかった」では済みません。

 

というわけで、まずは日本でのドローンの運用ルールを確認しておきましょう。

 

200gの壁

ざっくり言いますと、本体とバッテリーを含めて200g未満かそれ以上か、でルールが変わります

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

(出典:国土交通省 – 飛行ルールの対象となる機体

「200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く」というのがそれですね。

 

200g以上の場合はどうなるか…

以下の場所での飛行は国土交通省への許可申請が必要となります。

人口集中地区の上空
空港の周辺
地表または水面から150m以上の高さの空域
なお空港周辺、150m以上の空域での飛行については管轄航空事務局への申請も必要となります。

そして上記の3点に関わらず、以下の条件に該当する場合にも国土交通省への申請が必要となります。

夜間の飛行(日出から日没までの間)
目視(直接肉眼による)範囲外の飛行
人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との距離が30m未満の飛行
祭礼、縁日など多数の人が集まる催し上空の飛行
爆発物など危険物を輸送する飛行
無人航空機から物を投下する飛行

(出典:Drone-Biz – 飛行して良い場所と高さの規制

 

端的に言うと、東京都23区内全域で飛行不可です。

人口集中地区に該当するためです。

八王子や多摩など、西の方に行けば多少は飛ばせる場所があるかも…という程度です。

 

というわけで200g未満のドローンを探したこともあります。

Amazonでたくさん売っているのですが、どうもイマイチピンと来ないんですね。

そんな中、たまたまKICKSTARTERを見ていたら、素晴らしいドローンを発見!

それが「SELFLY」です(ようやく本題)。

 

素晴らしい手軽さと携帯性

SELFLYの何が素晴らしいって、スマホケースにもなるんですね。

…と言ってもピンとこないので、こちらの紹介ビデオをご覧ください。

どうですか?素晴らしくないですか…?

 

 

スペックなど

スペックはこんな感じです。

まず一番需要な重量は70gということでクリア!

カメラは8メガピクセルで、フルHD、30fpsでの撮影が可能。

飛行可能時間は5分間と短いですが、セルフィー用ですし、例えばVLOG用の素材作りなどには十分ではないでしょうか。

 

日本への配送も可

2017/01/30現在、89ドルで1台購入可能です。

 

 

日本へ配送する場合、別途送料が20ドルかかるので、トータル109ドルです。

これを高いと見るか安いと見るかは、その人のガジェットへの愛によるでしょう。

発送時期は2017年の6月ということで、まだ半年近くも先ですが、今から楽しみで仕方ありません。

よーし、オッサンだけど自撮りしちゃうぞー!!

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: Official U.S. Air Force 162309-F-AV193-1162 via photopin (license)