Nexus 6Pのケース「だけ」一足先に届いたので開封レビューします!

P1000497
photo credit: P1000497 via photopin (license)

蛇の生殺しとはこのこと…

発売が迫り、各メディアでレビュー記事も出始めているNexus 6P。

(上の写真は懐かしのNexus S。)

本日、そのケース「だけ」が先に到着しました。

なんという生殺し状態でしょうか…。

 

Googleの発表会直後、日本時間の9/29に速攻でポッチッたのですが、配送予定日:は2015年11月3日~10日となっています。

先日、予約が多すぎて発送が遅れるという一部報道が…。

待ちきれない…待ちきれないよ!!

 

せめて雰囲気だけでも味わおうと思い、開封記事を書いてみることにします。

当たり前ですがNexus 6Pの純正ケースですので、本体のサイズ感もわかりますしね。

 

 

開封!

購入したのはこちらのケースです。

 
Nexus 6P ケース – スタイリッシュ – ADOPTED – Nexus ケース – Google ストア

 

「Nexus 6P ケース」というなんともそっけないネーミング…。

色はカーボンを選びました。

(しかしこれで¥4,800という価格はちょっと解せぬ。)

 

DSC02925.jpg

パッケージ外観はこんな感じ。

DSC02926.jpg

パッケージ裏面。

下の方に(たぶん)各国のリサイクルマークが書いてあるのが面白いです。

DSC02927.jpg

パカっと開けるだけで中身が取り出せます。

メリメリと接着剤を剥がしたりしなくても良いので、非常に楽です。

 

サイズ感を見ていきましょう。

DSC02928.jpg

僕はいつも右手だけで持つので、こんな感じになります。

でかい!!

感覚的なものですが、今使用しているNexus 5よりも横が1cm程度長くなっている気がします。

(実際には横に9.13mm、縦に21.56mm長くなっています。)

ただし非常に薄いので、持ちづらい感じはしませんでした。

DSC02931.jpg

裏面はこんな感じです。

ちょっとこの格子状の模様は如何なものかと個人的には思います…。

そして今回注目すべきは、中央に空いた大きな穴ですね。

指紋認証用のセンサーがはまる穴です。

DSC02929.jpg

指紋認証を想定して、人差し指をはめてみました。

ごく自然に触れられる位置にあります。

ずっと触れていなければいけないわけではありませんし、全く問題無さそうです。

DSC02930.jpg

最後に素材感はこんな感じです。

ゴムというか、シリコンというか、ぐにゃぐにゃ曲がります。

また、側面の電源ボタン、ボリュームボタンの部分は穴が開いている訳ではなく、凸状に出っ張っていて、ケースの上から押す感じになっています。

 

以上、Nexus 6P純正ケースの速報でした!

今まではスマホにケースなんていらない!派だったのですが、今回は8万円(64GB)という価格にビビって購入してみました。

iPhoneと違ってケースが選び放題というわけにはいかないのが辛いところです。

やはり¥4.800という価格はちょっとなぁ…。

ADOPTED社製の¥2,800のものもあるので、そちらを検討してみてもよいかもしれません。

 

というわけで今回は以上!