アクションカメラV3 4K WiFi Sport Camera 16MPのドライブモードをテストしてみました!

V3 4K WiFi Sport Camera 16MPをゲットしてからというもの、すっかり動画撮影にはまっています。

だんだんともっと良いカメラが欲しく(ry…げふんげふん。

唯一の難点として、手ぶれ補正が無いというのがあります。

まあ、値段や用途から言ってもしょうがないとは思いますけど。

 

というわけで過去2回に渡って、どうにか手ブレを改善できないかとテスト撮影を行いました。

▼初めて撮ったブレブレ動画。

 

▼カメラグリップを使ったテスト撮影。

 

▼iMovieの手ブレ補正機能を使った編集。

 

V3 4K WiFi Sport Camera 16MP関連の記事一覧。

結論を言うと、iMovieが一番優秀であることに間違いありません。

言っても「補正」なので、違和感が無いわけではありませんが、ガクガクの動画よりはずっとましです。

 

…という結果で終わってしまっても良いのですが、V3 4K WiFi Sport Camera 16MPには「ドライブモード」というものがあります。

説明書に書いてない(たぶん)のでよくわからないのですが、

ドライブモード→

車→

揺れる→

(手)ブレ補正が効く

という脳内変換が可能だったので、試してみることにしました。

 

 

それではさっそくご覧いただきましょう!

 

ははっ!全然意味ないっす!!

 

おそらくこのドライブモードというやつは、「電源を入れるだけで自動で撮影が始まるモード」っぽいんですね。

ドライブモードということは車を運転しています。

運転中に電源を入れる、録画開始ボタンを押す、なんていう操作をするのは危険なので、このような機能があるのでしょう。

こいつはやられたぜ。

撮影中から薄々気づいてたんですけどね。

電源を入れると勝手に録画が始まるので、「あれ?そんな仕様だったっけ??」と不思議に思ってたんですよ。

 

というわけで、手ブレを物理的に無くしたければスタビライザー、後から補正したければiMovieなどの編集ソフトが良いのではないでしょうか。

iMovieなんてMac買えば無料で付いてきますしね。

操作も直感的で使いやすいです。

 

というわけで今回は以上!