WiMAX端末WR3800Rの電池消費を抑える方法

origin_4642058230
photo credit: imagineWiMax via photopin cc

はっきり言って電池保ちません

こちらの↓記事でWiMAXを導入した顛末を書きました。

UQ WiMAXが意外と使えるコだった!1ヶ月使ってみた感想

接続スピード、起動時間、端末のサイズ、どれも満足のいくものです。

ただ一点だけ難点があります。

これは端末の小ささ故しょうがない点なのですが、

電池が保ちません。

使っていると電池の%表示がモリモリ減っていきます。

これはなかなか厳しいです。

 

そこで電池の消費を最低限に抑えつつ、快適に使える方法をご紹介します!

 

 

USB接続する

PCにUSB接続することで、充電しながらネットに接続することが出来ます。

出先ではこういった感じのコンパクトに出来るUSBケーブルが良いでしょう。

そしてここからが重要です。

USB接続した際には、無線LANを自動で止める設定があります。

WR3800Rに接続した状態で、http://192.168.0.1を開きましょう。

「詳細設定」→「その他の設定」と進みます。

admin下の方にある、「USB接続時設定」の「無線LANスリープ機能」にチェックを付けましょう。

設定を保存して、再起動すればOKです。

 

これの何がありがたいかというと、USB接続していれば、無線LANは必要ありません。

(自分一人が使用する場合に限ります。)

そこで、電池を食う無線LANを止めてしまおう、という機能です。

しかも自動で。

 

これは絶対に設定しておいた方が良いです!

 

まとめ

 端末のサイズと電池の容量はトレードオフなのでしょうがないですけどね…。

上記の設定をすることで、無駄な電池消費を抑えることが出来ます。

 

まあ、電源の用意されているオシャレなカフェでもあれば、問題無い話ではあるのですけれどね…。

 

今回は以上です!

sib ntsib dua!!