MacのメニューバーにCPUやメモリ情報を表示するアプリMenuMeters

large_4605937496
photo credit: Surat Lozowick via photopin cc

今現在Macがどんな感じで動作しているのかがわかります

特に開発作業をしている時に多いのですが、急に本体のファンが高速で回り出したり、全体的に動作がモッサリしてきたり…。

なんかおかしいなと思うことは結構ありますよね。

そんな時はアクティビティモニタでCPUやメモリの使用率を見れば良いのですが、常に表示されていると便利ではないですか?

 

Windowsではそういったアプリも沢山あるのですが、Macだとこれだ!というものがなかなか見つかりませんでした。

そこで今回ご紹介したいのが、MenuMetersです!

このソフトは、

  • CPU
  • ディスク
  • メモリ
  • ネットワーク

の使用率を、リアルタイムでメニューバーに表示させておくことが出来ます。

見た目もシンプルですので、視覚的に邪魔になることもありません。

 

 

インストールするだけで、特に設定は必要ありません

MenuMetersはこちらからダウンロードすることが出来ます。

Macのソフトのいつもの手順でインストールしましょう。

 

インストールして起動すれば、特に設定の必要はありません。

ただし一つだけ注意点があります。

設定をどこから行えば良いのかという点です。

 

僕も最初はすごく探し回りました…。

正解はシステム環境設定です。

そこにMenuMetersという項目が追加されているはずなので、そこから設定を行うことが出来ます。

 

実際の表示はこんな感じです

CPUスクリーンショット 2014-07-12 20.36.41

 

メモリ

スクリーンショット 2014-07-12 20.36.52

 

ネットワーク

スクリーンショット 2014-07-12 20.37.01

 

まとめ

開発でMacを使っている時には便利です。

最近のOSやソフトは優秀ですから、普通に使っているぶんにはCPUやメモリを気にする必要は無いと思います。

ただ開発を行っていると、色々と不測の事態が起きるものなので、そういった時に便利です。

無料ですので、ぜひ導入してみてください!

 

今回は以上!

mirupafshim!!