IT系エンジニア(というかワタクシ)がMacを使う理由

13954360517_a18b965a28_b_mini
photo credit: Keyboard Kung Fu: Force Quit Apps via photopin (license)

なぜMacユーザーが多いのか

最近2ちゃんのまとめサイトで、「なんでIT系の人はMacを使うの?」といった趣旨の記事を立て続けに見まして。

一応僕自身もIT系であり、Macを使っているので、個人的な理由を述べてみたいと思います。

 

まず大前提として、別にWindowsが嫌いという理由ではありません。

Windowsも大変良く出来ていますし、何か困ったときにはMacよりも圧倒的に情報が豊富です。

にも関わらず、Macを使う理由というのが一応はあるのです。

 

 

薄いから

何かいきなり説得力が無いんですけど…。

仕事ではMacBook Airを使っています。

このサイズと薄さって絶妙なものがあるのです。

 

別にIT系に限ったことではないのですが、お客さんの所に出かけて行くことが多いです。

仕様を詰めたり、開発スケジュールを詰めたり。

この時に軽いPCでないとしんどいんです。

 

もちろんWIndowsでも軽くて薄いPCもあります。

ですがスペックをカスタマイズしたり、なんやかんやで高価になるんですよね。

昔はMacは高額だったのだと思いますが、今ではむしろ同じ様なスペックで比べたら、Macの方が安いくらいです。

 

Linux(UNIX)コマンドが標準で使えるから

ここから少し真面目になります。

UNIXコマンドが標準で使えるというのは大きいです。

 

IT系、特にWeb系の人はLinuxと戯れることが多い仕事です。

サーバーがCentOSだったりとかですね。

その時に、何もソフトをインストールしなくてもUNIXコマンドが使えるというのは非常に重要なことなのです。

 

もちろんWindowsでも使用することは可能です。

しかしソフトをインストールする必要があったり、微妙に非対応であったりします。

そこで悩むコストはムダなので、Macを使ったほうが早いのです。

 

トラックパッドが優秀だから

エンジニアだからというわけでは無いのですが、僕は瞬間最大風速的な仕事の仕方をします。

集中すると脇目もふらずにガーッと仕事をするんです。

この時はキーボードとマウスの行ったり来たりさえムダに感じます。

 

Windowsでもトラックパッドは大体の機種で付いているでしょう。

ですがイマイチ出来が良くないと感じます。

感度が悪かったり、直感的でなかったり。

結局マウスを繋げて使うことになります。

 

この時のキーボード←→マウスの移動、30cmくらい?が面倒なんですw

その点Macのトラックパッドは非常に使いやすく、マウスなど必要ありません。

キーボード←→トラックパッドの移動は5cmくらいで済みますからねw

細かい話で恐縮ですw

というかトラックパッドすら面倒で、キーボード+ターミナルで済ませることも多いですw

 

まとめ

「より」便利だからという程度です。

正直、現在ではMacでもWindowsでも出来ることは変わらないでしょう。

ですが、開発者にとってやりたい事を実現するのはMacの方が早くて楽だからという理由です。

しょーもない理由を列挙しましたが、少しでも参考になれば…。

 

今回は以上!

Сау Болыңыз!!