【音楽】Paramore – After Laughter【雑談】

購入したアルバムを取り留めもなく紹介していくこのコーナー。

今回は、Paramore – After Laughter

 

Parmoreの4年ぶり5枚目のアルバム。

世界一クールでエモい女が帰ってきた!!全米1位を記録した前作『パラモア』から4年振り、待望のニューアルバムが遂に完成!
★2014 年発表の前作『パラモア』は、全米アルバム・チャート1位を獲得したばかりか、2015年、彼らに初のグラミー賞受賞(「最優秀ロック・ソング賞」)をもたらした。今や世界的大人気バンドへと成長したパラモア。メンバー・チェンジを経験しながらも、女性がフロントを張るバンドで名実ともにNo.1の立ち位置を築き上げた彼らが、実に4 年振りとなる新作を完成させた!!

★最新作『アフター ・ ラフター』を手掛けているのは、BeckやNine Inch Nailsなどでベースをプレイし、プロデューサーとしても活躍しているジャスティン・メルダル・ジョンセンとメンバーのテイラー・ヨーク(G)。

(出典:ワーナーミュージック・ジャパン

 

新たなファン層を開拓か?

Paramore久しぶりだなーと思っていたら、前作から4年も経っていたんですね。

女性ボーカル・エモバンドとして颯爽と現れたParamoreの新作。

ボーカルのヘイリー昔は可愛かったなあ…(遠い目)

(セーラー服でステージに立っていたのって、サマソニでしたっけ?)

 

前作からメンバーの入れ替わりなんかもあったりした様子。

それが理由かどうかはわかりませんが、今作は完全に今までとは作風が異なります。

The エレクトロ・ポップ

 

Paramoreをエモ系として捉えていた人は驚くでしょう(僕を含む)。

完全に方向転換です。

しかも80年代風の懐かしい感じの。

 

奇しくも一つ前の音楽雑談記事で、LINKIN PARKの新作ONE MORE LIGHTがエレクトロニカになってる!という風に書きました。

【音楽】LINKIN PARK – ONE MORE LIGHT(LP)【雑談】

レコード会社として最近流行りのエレクトロニカ方面で売りたいのか、それとも本人たちがやってみたいと思ったのか…それはわかりません。

わかりませんが、悪くないです。

…というか良いです

 

 

あまりこちらのジャンルには詳しくはないので、何と言ったら良いでしょうか…みんなで昼間から集まって、料理したり飲んだりしている時にかけたい曲、という感じ。

彼女が家に来た時にかけるのも良さげ。

僕は非リアなのでよくわかりませんが…。

一周回ってオシャレに聴こえます。

もちろんヘイリーのパワフル・エネルギッシュなボーカルがあってのことですけどね。

 

全体を通してハッピー!、楽しい!という感じ(語彙力)。

★最新作『アフター ・ ラフター』を手掛けているのは、BeckやNine Inch Nailsなどでベースをプレイし、プロデューサーとしても活躍しているジャスティン・メルダル・ジョンセン

Nine Inch Nailsにいたのに、こんな曲プロデュースできるんだ?と思いました(偏見)。

 

とにかく今までのバンドサウンド、ロックチューンは皆無ですので、むしろ初Paramoreという人に良いかもしれません。

この路線で続けるのか、はたまた原点回帰するのか…早くも自作が気になっています。

 

というわけで今回は以上!