【音楽】Killswitch Engage – Alive Or Just Breathing(LP)【雑談】

購入したアルバムを取り留めもなく紹介していくこのコーナー。

今回は、Killswitch Engage – Alive Or Just Breathing

言わずと知れたメタルコアバンドKillswitch Engageの(メジャー)1stアルバムです。

(正確にはこの2年前の2000年にリリースしたセルフタイトルアルバム、「Killswitch Engage」が1stアルバム。)

 

2002年、15年も前にリリースされた作品ですが、昨今のレコードブームのためかLP版がリリースされたので購入。

 

色褪せないTHE・メタルコア

このアルバムを始めて聴いたのは、高校生の時だったか、大学生だったか…。

当時はKornやLimp Bizkit、Rage Against The Machineなどのミクスチャー・ロックから、ニュー・メタル、メタルコア、スクリーモへとブームが変化していった時代。

Killswitch Engageを始めとして、UNEARTH、Funeral for a Friend、Story of the Year・・・。

今でも大好きな、そうそうたるバンドが出始めた時代でもありました。

 

 

で、CDでも持っているのですが、LPで久々に聴いたこのアルバム。

いやぁ〜メタルコアって、ほんと、良いものですねぇ〜(水野晴郎)。

重厚なリフに激情型シャウト。

当時実家住まいでしたが、爆音で聴いては母親に怒られていたものです。

ああ、懐かしい・・・。

 

この作品に関しては、LPだからと言って音が良いとかは特にありません。

というかこういうジャンルは、こまけーことは良いんだよ!ボリューム上げろ!!というものだと思うので、それで良いのです。

 

実はKillswitch Engageのライブに一度参戦したことがあります。

正確にはミニフェスのようなものだったのですが、かつてTaste of Chaosというものがありました。

それの日本公演が新木場のStudio Coastで行われました。

Dir en Greyで始まり、Killswitch Engage、Story of the Year、Funeral for a Friend、トリがThe Usedという今考えてもものすごいラインナップでした。

もうこんなのは2度と経験できないんだろうなあ・・・。

 

・・・と、遠い昔に思いを馳せてしまうわけですが、そんな感じで色々と思い出深いバンドでもあります。

そしてもう流行らなくなってきた感のあるメタルコアですが、今でもちゃんとメタルコアしている貴重なバンドです。

何かで見たのですが、人は中学生の時に聴いていた音楽は、一生聴くらしいです。

ということは僕は年老いても爆音でメタルを聴いているのか…?

 

1stが一番好きというと懐古厨と言われそうですが、やはり色あせない名盤だと思います。

ちなみにCD版とは微妙にジャケットのデザインが異なっているのもポイント。

古いアルバムなので、AmazonならCDが安く買えます。

まだ未体験の人はぜひ!

 

というわけで今回は以上!