DLNA対応の機器やアプリでアートワークが表示されない原因と対処法

先日、CDのリッピングをFLAC形式に変更するという記事を書きました。

その中で、

一番の理由は、ALACのアルバムアートワークの表示に対応していないオーディオ機器、ソフトが多いということです。

ALACはオープンソース化されているので、Apple製の機器意外でも対応しているものは多いです。

僕がメインで使用しているPioneerのN-50もアップデートで対応しました。

が、アートワークの表示に対応していません。

…とか書いているんですが、訂正します!

ALACとかFLACとか、そういう問題じゃなかった!!

 

問題はアートワークの画像サイズが160☓160pxを超えていることにありました。

色々と調べてみたのですが、DLNAという規格ではアートワークの画像サイズは160☓160pxが標準ということでした。

 

つまりDLNA対応を謳っている製品では、それより大きいサイズのアートワークが表示できなくても別に問題ないということです。

機器やアプリによっては表示できるものもあるようですが、それはあくまでもメーカーや開発者が独自に対応しているもの。

”たまたま表示できているだけ”のようです(たぶん)。

 

 

というわけで、記事でも紹介した変換ソフトXLDで、楽にDLNA対応のアートワークを設定する方法をご紹介します。

▼親切に設定が用意されています。

大きい画像を自動でリサイズして埋め込んでくれます。

いちいち画像編集ソフトなどを使わなくても良いので楽です。

 

ただ欠点もありまして…。

160☓160pxって非常に小さい画像ですよね。

それを昨今の高解像度のスマホで表示すると…

このように残念な画質に…。

しかしこればっかりは規格の問題なので、しょうがないですね。

 

そんなところにタイムリーなニュースが。

DLNAが解散ですか…。

13年間の活動ということですから、まあ当時としては160☓160pxでも問題なかったのかもしれませんね。

 

なんと言いますか、一時代が終わった感。

何か別の新しい規格が出てきたりするんでしょうか…?

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: TheBetterDay Lr43_L1000312 via photopin (license)