スピーカーをJBL STUDIO 230からDALI ZENSOR 3に買い換えることにしました&その理由

いつかは上の写真のようなJBLのモニタースピーカーが欲しいものです…。

さて、エントリークラスのスピーカーとしてJBLのSTUDIO 230とDALIのZENSOR 3(もしくはZENSOR 1)はかなり人気がある方ではないでしょうか。

 

yodobashi.comなんかで人気順で並べると、ZENSOR 3が4位、STUDIO 230も結構上位に入っています。

(ブックシェルフ型スピーカーのカテゴリーで。)

サイズは大体同じ、価格差は1万円少し。

どちらにするか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

僕も1年半ほど前に悩みに悩み、結局JBLというブランドにが決め手となりSTUDIO 230を購入しました。

そして今回、ZENSOR 3に買い換えることにしたわけです。

先に行っておくと、STUDIO 230に音質的な不満は特にありません

ただ使っていく中で、少々気になった点、そしてDALIに浮気した理由などを書き留めておきたいと思います。

購入検討中の方に少しでも参考になれば幸い。

 

低音はものすごい出る!

各所のレビューでも書かれていますが、STUDIO 230はサイズの割にすごく低音が出ます。

ウーハーは16.5cm径ですが、信じられないくらい低音が出ます。

(僕がそれまで使っていたのが、SHARPのミニコンポのスピーカーだったというのもあるかとは思いますが…。)

 

高音の抜けが若干悪い気がする

一応JBL伝統のホーン型のツイーターにはなっています。

あくまでも一応、ですが。

低音とのトレードオフなのかもしれませんが、高音が若干こもっているような気がします。

例えばドラムのハイハットなどは、もう少し「シャーンっっ」と抜けが良いものじゃない?と思うことがあります。

 

音質に関してはこれくらいでしょうか。

 

 

やはり安っぽさは否めない

STUDIO 230のホームページを見るとわかりますが、あくまでもホームシアター用スピーカーの1つというような位置づけです。

もちろんリスニング用に使っても不足はないわけですが、やはり安っぽい感は否めません(実際に安いわけですけど)。

特にプラスチッキーなホーン部分。

そんなに無理してホーンにしなくても良かったんじゃ…と感じます。

 

あとは天面が黒い光沢仕上げになっているのですが、それが逆に安っぽさを強調してしまっている気がします。

なぜ全面木にしなかったのだろう…。

 

少しでも大きなウーハーの音が聴いてみたくなった

最近のスピーカーは材質やその他の技術の進歩によって、大きければ良いというものではないかもしれません。

ただ、ウーハーは大きい方が良いな、という個人的な好みです。

 

STUDIO 230は16.5cm径、ZENSOR 3は18cm径ですので、1.5cmの差があります。

ほとんど差なんてない「たかが」1.5cmなのか、「されど」1.5cmなのか、現状はわかりません。

ここは本当に個人的な好みです。

繰り返しますが、STUDIO 230でも低音は十分出ますしね。

 

良いものは高いという当たり前の結論

JBLでも、もっとちゃんとしたスピーカーはもちろんありますが、桁が2つほど違います。

やっぱり安くても良いからJBL、ではなく、頑張ってお金を貯めてJBLにすべきだなと思った次第です。

良いものは高いんですね(当たり前)。

 

というわけで、「絶対に変えたい」という強い願望で変えたわけではなく、気分的なものも大きいです。

また、別の記事に書きましたがアンプがTechnicsのものに刷新されたので、スピーカーも変えてみたくなったという感じです。

正直なところ、どちらか良いかと言われても難しいです…。

JBLを所有したい、大きくて重たい重量感のあるスピーカーが欲しいという人はSTUDIO 230という感じでしょうか。

あまり音楽的なことは語れませんが、以上のような理由で買い替えを決定しました。

ちなみに某店でSTUDIO 230を下取りに出すと、傷なし美品で16,000円ということでした。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: please d i e ! Please Die HQ 2016 (1) via photopin (license)