KlipschのブックシェルフスピーカーR-14Mを購入&ファーストインプレッション

上の写真に写っているスピーカー、Klipsch(クリプシュ)のR-14Mを購入しました。

Klipschをご存知ない方はそもそもこのページに来ていないと思いますが、一応説明しておくと、アメリカの歴史あるスピーカー(オーディオ)メーカー。

ハードロックカフェのオフィシャルスピーカーになっているそうです。

 

購入した理由

現在メインで使っているのは、低価格ながら評価の高いDALIのZENSOR 3

以前に記事にしたりもしました。

スピーカーをJBL STUDIO 230からDALI ZENSOR 3に買い換えることにしました&その理由

DALI ZENSOR3を購入したら低音スカスカで焦った話

特に不満は無いのですが、いかんせん浮気性なもので、違うスピーカーの音も聴いてみたくなってきました。

そこで選んだのがKlipshというわけです。

 

僕が大学生だったころ(10年前後前)に入門用のオーディオスピーカーとして評価が高かったのが、KlipshのRBシリーズでした。

当時はYAMAHAが輸入代理店となっていたのですが、いつのまにか無くなっていました…。

現在はklipsch.jpという日本公式サイトがあるのですが、取り扱っているのはイヤフォン、ヘッドフォン、アウトドアスピーカーのみ。

オーディオスピーカーは扱っていません。

 

なんてこった…。

ですがKlipshはある意味大学生だった僕の憧れのスピーカーであり、何とか手に入れたい…ということで調べてみたところ、R-14Mが日本のAmazonで販売されているではないですか!

Referenceシリーズのローエンドモデルではありますが、アメリカのAmazon.comでは非常に高評価。

値段も破格なので、勢いで購入したというわけです。

 

ちなみにAmazon.comでは$188.04で販売されており、一見安く見えますが送料と関税でトータル245.06ドル、27,059円になります(いずれも本記事執筆時点のもの)。

この程度の価格差であれば、日本のAmazonで購入したほうが早いし安心だと個人的には思います。

 

外観について

開梱してみてまず思ったのが、小さい!ということ。

今まで使っていたZENSOR 3と比べると高さが10cmほど低いです。

PC用のデスクトップスピーカーと言ってもよいサイズです。

一瞬失敗したかなと思いました。

こんなサイズではショボイ音しか出ないのではないかと…。

(小さいスピーカーはダメというのは脳みそが古いと、後で思い知らされることになります。)

 

 

小一時間聴いてみた

エイジングも何もありませんが、とちあえず小一時間聴いてみた感想です。

ドラムがすげー!(語彙力)

一番感じるのが、ドラム、特にスネアの「っターン!」という破裂音の強烈さ。

Amazonのレビューでもドラムがクレイジーだと買いてありましたが、まさにその通りでクレイジー。

 

かと言って高音だけで低音がダメかと言うと、そんなことはありません。

もちろんこのサイズでは体に響くような重低音は出ませんが、必要十分+αの低音が出ます。

まとめると、アンプのTREBLEとBASSを思いっきりグイッと上げた感じです。

しかしアンプで電気的にいじっているのではなく、スピーカーの構造、材質的にそういう味付けになっているためか、不自然さは全くありません。

 

このスピーカーがオススメな人

まだほとんど聴き込んでいないわけですが、音の傾向はわかりました。

  • CDの綺麗に揃えられた音ではなく、ライブハウスのような各楽器がそれぞれ主張する音が好きな人
  • 部屋の大きさなどの環境的に大きな音が出せない人
  • とにかくコスパ!な人

 

原音に忠実に、を目指す人には全くオススメできません。

全く正反対の音が出ます。

良くも悪くもドンシャリ、非常にクセの強いスピーカーです。

 

その代わりに、小さな音でも高音・低音がはっきりしているので、日本の住環境には向いているスピーカーと言えると思います。

あとはサラウンドスピーカーとして使用するのも良いでしょう。

爆発シーンとか迫力がありそうです。

 

簡単ですがファーストインプレッションでした。

好きな人は大好き、ダメな人は一聴して選択肢から外れるスピーカーだと思います。

代理店が無い(というか販売していない)ので、試聴は難しいと思いますが、少しでも参考になれば。

 

というわけで今回は以上!