音楽が売れない話はもうそろそろ終わりにしませんか

large_4737693376
photo credit: Yutaka Tsutano via photopin cc

何回市場調査して、何回ニュースにすれば気が済むのさ

先日、こんなニュースを見ました。

モルガン・スタンレーリサーチが出した統計データによると、iTunesでお金を使うユーザーはどんどん減っていっているとのこと。2012年初頭には四半期(3カ月)で4.3ドル(430円くらい)使っていたのが、いまや1.9ドル(190円くらい)の半分にまで減ってしまっている。いっぽうで、それと真逆にApp Storeでユーザーがお金を使う額が増えていっている。

もはや音楽を売るビジネスモデルは古い? iTunesの音楽でさえ売れなくなってきている

 

もうこんな記事は食傷ぎみですよ…。

何年前からこんな話をしているのだろう。

そして状況は改善するどころか、むしろ悪化しています。

 

 

別に音楽が聴かれなくなっているわけではない

CDの売上が落ちたり、iTunesストアでの販売が下降しているからといって、世の中の人が音楽を聴かなくなっているわけではないですよね。

現にPandoraやSpotifyはユーザ数を順調に伸ばしています。

音楽は聴きたい。けれど、

買って手元に置いておくものではなくなったのでは。

 

能動的なものから、受動的なものに変わったと言っても良いかもしれません。

音楽を買うには、自分で選んで買わなければいけません。

昨今勢いのあるストリーミングサービスは、勝手に選曲して流してくれます。

音楽にそこまで積極的ではない、でも聴きたい といった感じでしょうか。

 

そうなった理由としては、色々あると思います。

以前は1人で暇を潰すには、テレビかゲームかマンガか音楽ぐらいだったかもしれません。

でも今はネットで動画を見たり、SNSを見たり、とにかくやる(べき)ことが増えています。

現に僕も音楽にはそこまで時間を割けなくなっています・

 

でもレコード会社って変わらない(変えない)ですよね

CD販売の落ち込みを、違法ダウンロードに責任転嫁したあたりから、もう崩壊は始まっていたのかもしれません。

その結果音楽のコピーに厳しくなり、同時にユーザーには不便を強いて、余計にユーザーは離れて行きました。

コピーコントロールCDとか、何だったんでしょうね…。

PCにCDを入れたら勝手に専用の再生ソフトをインストールするとか、もはやウイルスですよ…。

 

で、最近はどうしてるのかなあと思うと、特に何も変わっていないのですよね。

テレビに露出させて売るという従来のビジネスモデルから、何も変わっていません。

海外で音楽関係の新サービスが発表されても、まず日本には入ってきません。

それだけ新しい風が吹き込むのが嫌なのでしょう。

 

音楽活動は企業経営と同じになるかもしれない

でもちゃんと考えているアーティストももちろんいます。

自分たちの音楽活動について、

  • どうやってプロモーションするか
  • どうやって収益をあげるか

これからはアーティスト自身が、これを考えていかなければいけないと思うのですよね。

もはや会社の事業計画と同じです。

 

そういう意味では、より厳しいけれど、新たな可能性が見えてきているのではないかなと

 

まとめ

そんな変化の一端を担いたい。

結論としては、Frekulって改めてすごいなっていう話なんですよねw

アーティストの新たな活動を全面的に支援するわけですからね。

手前味噌ですみませんw

 

今回は以上です!

isimi!!