【音楽】LINKIN PARK – ONE MORE LIGHT(LP)【雑談】

購入した音楽を取り留めもなく紹介していくこのコーナー。

今回は、LINKIN PARK – ONE MORE LIGHT

止まらないサウンドへの探求心。リンキン史上最高のPOPアルバムが遂に完成!
5/19全世界同時リリース決定!!

(出典:ワーナーミュージック・ジャパン

アルバムとしては3年ぶり7作目となります。

 

相変わらず評価が別れる作品

一聴して感じたのは、「え?リミックス・アルバム??」ということ。

バンドサウンドは皆無。

全体的にEDMとまでは行きませんが、エレクトロニカ全開なアルバムになっています。

打ち込みに乗るチェスターのボーカル、それに時々入るマイクのラップ、という感じ。

 

Amazonのレビューにもありましたが、他のメンバーの存在感は皆無です。

メンバー2人になっちゃったの?という感じ。

”史上最高のPOPアルバム”と謳っていますが、そうとう突き抜けてPOPになっています。

 

 

元々作品ごとに曲調が変わり、レビュー蘭が荒れるのが恒例となっているリンキン・パークですから、大きく変わりはしましたがそれほど大きな驚きではありません。

今までにもバンドサウンドから離れたことはありましたしね。

そもそも名盤「Hybrid Theory」がリリースされたのが2000年。

17年も前です。

 

それを考えれば、全く変わっていないほうがおかしいとも言えるでしょう。

ですが、ここまでエレクトロニカに向かってしまうと、レコード会社のお偉いさんに「今こういうの流行ってるんだけど、どう?」と言われたとか、大人の事情を感じざるを得ません。

もちろんレコード会社は営利企業ですから、売れるものを作らせるのが仕事。

理解はします。

理解はしますが、やはりリンキン・パークにはニュー・メタルを求めてしまうのがファンというものですよね。

 

…と、あまり良いことを書いてきませんでしたが、こういうアルバムだ、と割り切ってしまえば悪くは無いと思います。

相変わらずチェスターの美声は健在ですし、それだけでもリンキン・パーク感を感じることができます。

ただどうしてもBGM的な聴き方になってしまうかなと。

真剣に向き合うほどの魅力は感じないのが正直なところ。

 

2回目になりますが、特にここ数枚のアルバムは作品ごとに曲調が変わっています。

はたして次のアルバムはどうなるのか。

やはり期待してしまうんですよね。

やっぱり好きだよリンキン・パーク!

 

というわけで今回は以上!