ワンオクの「Ambitions」インターナショナル版にはアヴリル・ラヴィーンが参加していない不思議

今や押しも押されぬ人気バンドになったONE OK ROCKことワンオク。

新譜の「Ambitions」が発売されました。

 

ちょっと大人しくなったかなというか、EDM的な要素も取り入れて、方向性が少し変わったなという気がします。

が、本題はそこではない!

なんとあのアヴリル・ラヴィーンが参加しているんですね。

10曲目のListenという曲にボーカルとして参加しています。

CDのジャケットに思いっきり10 Listen(featuring Avril Lavigne)と書いてあるのですが、全く何も見ずに聴いていたら、唐突に聞き覚えのある声が聴こえてきてびっくりしました。

 

 

そして数日後に「Ambitions」の「INTERNATIONAL VERSION」が届きました。

いや、別に両方買うほどのファンというわけではなくて、単純に安いINTERNATIONAL VERSIONを先にアマゾンで予約していたのですが、それを忘れて日本盤も予約したという凡ミスです。

 

通常、日本盤と海外盤の違いはボーナストラック2〜3曲の有無という程度なのですが、このアルバムでは本編の楽曲から異なっています。

具体的には、

  • 05 20/20 → Jaded(featuring Alex Gaskarth)
  • 06 Always coming back → Hard To Love
  • 08 Lost in Tonight → American Girls
  • 10 Listen(featuring Avril Lavigne) → Listen

という違いがあります。

(左が日本盤で、右がインターナショナル版。)

 

なぜ収録曲が違うのかはわかりませんが、日本と海外での人気の曲(曲調)が異なるので分けた、という感じなのかもしれません。

で、なんとインターナショナル盤にはアヴリル・ラヴィーンが参加していないんですね。

 

最初は権利関係の問題かとも思ったのですが、逆のパターンであればまだしも、海外盤でそれは無いのではないかと。

本当のところはわかりませんが、もはや海外ではアヴリル・ラヴィーンにアーティストとしての話題性は無いのかもしれません。

アルバムとしては2013年にリリースした「Avril Lavigne」が最後、シングルでは2015年リリースの「Give You What You Like」が最後となっています。

そしていずれも売上げはあまり振るわなかった様子。

 

まあ、1stアルバムの「Let Go」をリリースしたのが2002年、15年も前ですから、仕方のないことかもしれません。

もっと早く消えてしまうアーティストのほうが圧倒的に多いですからね。

ただLet Goは中学生の時にかなり好きだった記憶があるので、なんとなく寂しい気持ちもあり書き留めておきます。

個人的にはListenという曲は、アヴリル・ラヴィーンが参加している日本盤の方が断然良いと思います。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: seewhatsee.sg Avril Lavigne Singing via photopin (license)