SUM 41のニューアルバム「13 Voices」発売!とりあえずは復活を喜びたい!

4966796585_c592949870_b

先日もGreenDayの新譜が出たばかり。

ハイスタもシングルを突然発売と、僕のような30歳前後の元パンクキッズには忙しい昨今です。

そしてついにSUM 41のニューアルバム「13 Voices」が発売されました。

ちなみに僕が購入したのはCDではなくLPです。

 

 

曲も大事ですが、まずは5年ぶりに新譜が出たということを素直に喜びたいと思います。

結構なんやかんやあったバンドですからね。

アヴリル・ラヴィーンと結婚・離婚とか、ギターのデイヴの脱退とか…。

 

個人的にはアヴリル・ラヴィーンはどうでも良いんですが、デイヴの脱退はショックでした。

SUM 41は基本メロコアではあるものの、メタルっぽいリフも魅力の1つでした。

実際にメタリカと共演したりもしていましたしね。

それを支えていたのがデイヴです。

 

ですから、デイヴ脱退後のアルバムは正直微妙でした。

Chuckよりも後のアルバムですね。

しかし皆さん、今回のアルバムでデイヴが帰ってきましたよ!!

 

 

以下、曲を聴いた感想。

良くも悪くも、大人になったなという感じ。

以前のようなテンポの速い曲はほぼなくなり、どちらかというとパワーポップ、パワーロックという方向性になっています。

ただし所々にメタルっぽいリフがちゃんと入っています。

それでこそデイヴ!!

 

かつて大好きだった「Does This Look Infected?」のような勢いはありません。

しかし、それはもう14年も前の話。

しっかりと年相応の曲を作るバンドになった、とも言えるでしょう。

かつてSUM 41に熱狂した人こそ、聴いていて胸に染み入るものがあると思います。

みんな同じだけ歳をとっているのですから。

 

▼アルバムに収録されている「Fake My Own Death」のPVです。

 

訂正します。

14年経っても変わっていないものがちゃんとありました。

デリックの歌い方、ジェイソンのベースの持ち方、14年前と同じです。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: avarty 224 via photopin (license)
 
↓こちらはAmazon限定版。10/14現在、輸入盤は在庫切れのようです。