教育向けフルクラウドPC「Lenovo N24」登場

News lenovo N24

レノボ・ジャパン株式会社が教育機関での利用に適したWindows 10 S搭載モデル「Lenovo N24」を発表しました。

プレスリリースによると、

文部科学省では、2020年代にすべての学校で1人1台の情報端末を活用した学習ができるよう、教育のICT化を推進しています。しかし自治体の限られた予算による導入台数の制限や学校内におけるシステム管理者の不足等、各種課題も顕在化しています。Lenovo N24は、OSにWindows 10 Sを採用し、フルクラウド化を前提とすることで、学校側の管理・運用負荷を軽減します。

とのこと。

 

2020年代に1人1台・・・そんな話になっていたんですね。

僕が小学生の時なんて、メジャーなのはPCではなくてワープ…昔話はやめましょう。

 

サイズは11.6型。

子供も使うということで、尖った角が無い丸みを帯びたデザインになっています。

ディスプレイが360度回転するので、お互いの画面を見せやすい仕様にもなっています。

 

 

またフルクラウド型なのもポイント。

データをPCに残さないので、誰がどのPCを使っても、同じ環境を復元できる利点があります。

またサーバを校内に置かないので、サーバ管理者を増やすといったコストも軽減できるとのこと。

 

CPUはインテル® Celeron® プロセッサー N3450

メモリ:4GB LPDDR4

と、一般的なPCに比べれば控えめなスペックになっていますが、その代わりに48,000円(税別)~という低価格を実現しています。

発売日は2017年10月13日とのことです。

 

Source : Windows 10 S搭載のフルクラウド型PC「Lenovo N24」発表 教育機関での利用に適した普及型モデルで1人1台配布の実現へ