ビッグデータとはかくあるべし!展覧会の混雑状況を調べられる「あの展覧会混んでる?」が便利!!

origin_8047164010
photo credit: Jon Gosier via photopin cc

ありそうで他に無いサービス

美術館や展覧会に行く時に、まず気になるのは混雑状況です。

特に特別展は混みますからね。

このブログでも展覧会に行ってきました!という記事をよく書いていますが、「○○展覧会 混雑」という検索キーワードで来る方がかなり多いです。

やはり皆さん気になるのはそこですよね。

 

この「あの展覧会混んでる?」というWebサービスは、twitterを検索して、混雑状況をグラフ表示してくれるというサービスです。

 
あの展覧会混んでる?

 

 

公式サイトがやるべきサービスですよね…

本来であれば、イベントの公式サイトが1時間に1度くらい、混雑状況を更新するべきだと思うんですよね…。

僕の知っている限りでは、そのような表示のあるサイトは見たことがありません。

それほど難しいことでは無いと思うのですが、何か理由があるんでしょうか…?

 

使い方

サイトを開くと、左側に主な展覧会や美術館の名前が並んでいるので、見たいものを選択するだけです。

すると、2つのグラフと、twitterのつぶやきが表示されます。

 

グラフも確かに参考になるのですが、つぶやきも馬鹿にできません。

何しろ現場の生の声を見ることが出来ますからね。

かなり確実な情報と言って良いでしょう。

 

気を付けたいこと

あくまでも参考程度にした方が良いです。

理由は2つあります。

  1. twitterが情報源だから
  2. 混み具合の感じ方は人それぞれだから

 

まずtwitterが情報源だということを忘れてはいけません。

twitterだからあてにならないということではなく、twitterて過去の出来事もつぶやきますよね。

例えば、「昨日○○展に行ってきたんだけど、めっちゃ混んでた(-_-;)」というつぶやきもよくあります。

これはあくまでも昨日は混んでいた、ということであって、現在の状況はわかりません。

 

また混み具合の感じ方は人それぞれです。

僕の場合は、展示品の前に3、4人いたら、混んでいたと呟くかもしれません。

逆に、チケットを買うのに30分並んでも、思ったほど混んでいなかったと呟く人もいるでしょう。

機械的に処理しているので、この辺を区別することは出来ません。

 

まとめ

休日の都内はどこでも混んでいると思って間違いないです。

それを言ったら身も蓋もないのですが…w

本当に都内は混みますよね。

出来れば全ての展覧会を、有給を取って平日に行きたいくらいです。

 

今回は以上!

adeus!!