サイバー攻撃の現実を見てみようか…攻撃の様子がリアルタイムで見られる「IPViking Live」

スクリーンショット 2015-02-06 22.05.03

サイバー攻撃ってニュースの中の話だと思っていましたけど…

TVやネットのニュースで最近良く耳にするサイバー攻撃

正直なところ、特に自分に影響のあるような話だとは思っていませんでした。

 

しかし、一応Webサービスの開発に関わるものとして、ちょっと調べてみたのですよね。

するとIPViking Liveというサービスを見つけました。

 
Norse – IPViking Live

 

これ、見ていると凄いです。

凄いという形容詞があっているのかはわかりませんが、ものすごい数の攻撃が放たれる様子を見ることが出来ます。

 

 

そもそもサイバー攻撃って?

「サイバー」と言うと、なんだか古臭いというか、お役所的というか、命名が如何なものかとは思うのですが、取り敢えずそれは置いておきます。

そもそもサイバー攻撃とは何なのでしょうか?

Wikipediaから引用させて頂きます。

 

「サイバー攻撃」と呼ばれる場合は、概ねネットワークを介したクラッキング行為全般を指しており、思想信条を背景としたテロリストが行うテロ行為だけでなく、軍隊・情報機関による高度なクラッキング攻撃から、未成年者などの愉快犯が行う比較的軽度のものまで含まれ、その差異は定かでない。

 

要するに、ネットワークを利用したハッキング(正確にはクラッキング)行為全般のことを指すようですね。

政治的な主義・主張に基づくものから、いたずら程度のものまで含むようです。

 

レンタルサーバーに移行して良かった

この記事を書いている間にも、アメリカが中国・ロシア・インドあたりからもの凄い攻撃を受けていたのですが…。

考えてみると、こういったサイバー攻撃から自分のサイトを守るためにも、レンタサーバーというのは良い選択だったかなと思います。

 

僕はただの一開発者であり、セキュリティー等は専門ではありません。

その点レンタルサーバーの運営会社は、当然その辺りのセキュリティーも考慮してサービスを運営しているでしょう。

僕が家で自宅サーバーで運営するのとはレベルが違います。

(まあ攻撃をする価値のあるようなサイトではありませんが…。)

 

まとめ

水面下で戦ってくれている方々に感謝。

そのお陰で、特に不具合も無く、数々の便利なWebサービスを利用することが出来ているのですよね。

そのことを忘れてはいかんなと思った次第でございます。

 

今回は以上!

ลาก่อน!!