ブラウザで使える高機能画像編集ツール Pixlr Editor

30609531492_fa7232bc8b_b

ブログを書くのもそうですが、本業はWeb系の開発をしているので、デザイナーではないですが画像編集ツールは意外と使用する機会が多いです。

今回はブログ執筆の話に絞りますが、例えばガジェット紹介記事などでは余白を切り取ったり、サイズを整えたりという作業が発生します。

それを今まではMac用のPaintbrushというソフトで行ってきました。

Macでペイント風のソフトをお探しならPaintbrushがおすすめ!

2014.05.30

 

PaintbrushはWindowsのペイントのような感じで、必要最低限、素人でも簡単に使えるという手軽さがありました。

しかしもう少し多彩な画像編集が(しかも無料で)できたらなあ・・というのも人情です。

というわけで、Autodeskが公開しているPixlr Editorというツールをご紹介します。

Webサービスなので、WindowsでもMacでもFlashさえ動作すれば大丈夫です。

 

無料なのにPhotoshopと同じような使用感

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-17-43

右側に広告が表示されますが、見た目はPhotoshopと同じような感じです。

左側にパレット、右側にレイヤーや編集履歴があるというレイアウト。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-18-17

画像の作成や、URLから画像を取得することもできるのですが、今回はシンプルにPCから画像をアップロードしてみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-18-40

適当な画像が無かったので、先日捕まえたメタモンさんに登場してもらいます。

 

▼サイズ調整、回転、反転など

untitled

 

▼レイヤー関係

untitled1

 

▼コントラストやトーンカーブなど

untitled2

 

▼フィルター効果

untitled3

 

といった機能が一通り揃っています。

よほどのプロ用編集でなければ、これで十分すぎるのではないでしょうか。

 

 

一番使いたいのは「ぼかし」

これだけの多彩な機能を紹介しておいてアレなのですが、個人的に一番重宝するのはモザイク機能です。

Paintbrushにはモザイクをかける機能が無いので、仕方なく赤色などで塗りつぶしていましたが、ださいんですね…。

見た目はモザイク(ぼかし)がスマートで良いです。

というわけで実際にメタモンをぼかしてみましょう。

 

▼ぼかしたい部分を選択ツールで選択します。

untitled

 

▼フィルターからボックスぼかしを選択します。

untitled3

 

▼するとぼかしの強さを調整する小窓が開きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-48-17

 

▼画像にもよると思いますが、大体35くらいで原型がわからなくなる感じがします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-49-13

 

▼ぼかしをMAXにすると、ただの紫色の塊に。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-50-22

 

自然なぼかしをかける

御覧頂いたように、かなり強烈なぼかしがかかります。

場合によっては、もう少しソフトな、自然なぼかしをかけたいという場合もあるでしょう。

その場合はフィルターからガウシアンぼかしを選択します。

 

▼先ほどと同様にぼかしの調整が出来ます。50でこの程度。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-52-52

 

▼150くらいで元の文字は判別不能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-53-55

 

▼MAXでも先ほどよりはソフトな感じがしませんか…?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-54-42

 

▼編集が終わったら保存します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-10-55-40

 

▼元画像と比べてみます。

metamon metamon_edited

 

個人的にはこの機能だけ使えれば十分です。

あとはLightroomなどと組み合わせて上手に使っていきたいですね。

 

ただ1つ懸念がありまして、それはこのサービスがFlashで作成されているということ。

現在GoogleやAppleを筆頭に、Flashを駆逐する方向に向かっています。

近い将来、使えなくなってしまうかもしれません…。

誰か代替サービスの開発を…(他力本願)。

 

というわけで今回は以上!

 
photo credit: colorwheels New Photoshop panel for organizing brushes in groups: MagicSquire video tutorial via photopin (license)