美術館や博物館好きにオススメ!Google Open Galleryが楽しい!

large_5464884858
photo credit: Bert Kaufmann via photopin cc

だいぶ認知度の低そうなサービスですが

Google Open Galleryは、美術館や博物館はもちろん、個人でもWeb 上に簡単にギャラリーが作れるサービスです。

たしか、去年末くらいに公開されたサービスだったと思います。

気になった方はこちらからアクセス!

 
Google Open Gallery

 

今週末は3連休にも関わらず、台風19号の影響で、出かけても大丈夫なのかどうなのか…。

僕は東京に住んでいるので、結果的には大丈夫だったのですが、結局1日しか外に出ませんでした。

こんな時に家にいながら色々なギャラリーを観ることができたら楽しいですよね。

しかも無料で。

そんな夢を実現してくれるサービスです。

 

 

観るだけでも十分楽しい

一応このサービスの売りはギャラリーを作れる、という所なのだと思います。

しかし観るだけでも十分楽しいです。

 

試しに上記に張ったリンクの一番下を見てみて下さい。

Google Open Galleryで作られたギャラリーの例がたくさん乗っています。

それを観ているだけでも十分楽しいです。

 

簡単に出来ることをご紹介

ギャラリーですので、自分が見せたいものをアップロードします。

もちろん画像だけではなく、動画や音声にも対応しています。

Youtubeにアップした動画を公開することも可能です。

 

作品ごとに詳細な説明を付けることも出来ます。

また、高解像度な作品をアプロードすれば、拡大することで非常に細かなところまで観ることが可能になります。

 

自分でギャラリーを作るには、「招待をリクエスト」というボタンがあるので押します。

招待制?審査とかあるの?と思ってしまいますが、すぐにアクセス方法が送られてくるようです。

 

こういうWebサービスって夢がありますよね

お金になるか、と言われたら全くならないと思います。

ですが、世界中にあるまだ見ぬ作品を、誰でも簡単に世界中に向けて公開できてしまう。

まさにWebのあるべき姿だと思います。

 

Googleだからこそ出来るサービスでしょうね。

普通の会社であれば、どうやってマネタイズするの?と聞かれて終了です。

僕も将来的には、このような誰かの役に立つサービスを(個人で)運営出来たらなぁと思っています。

 

まとめ

クオリティはさすがにGoogleといったところ。

もちろん掲載される作品のクオリティは、それを作る人の腕にかかっているわけですが。

プラットフォームとしては良く出来ていると思います。

 

(僕も撮影した写真なんかを公開しようかな、と考えていはいます…。)

 

今回は以上!

గుడ్బై!!