サイトが重い時にまず試したい!JPEGを圧縮してくれるWebサービス「JPEGmini」

large_6339867098
photo credit: Louish Pixel via photopin cc

サイトが重たい原因は画像かも

ブログやその他Webサイト運営している方にとって、ページの表示スピードは非常に重要です。

ググって何かを探している時に、なかなか開かないページがあるとすぐに閉じてしまいますよね?

他にも自分の探している情報を載せているページは沢山あるわけですから。

 

このように、表示スピードというのはPVにもろに影響します。

そしてSEO的にも重要な要素です。

当然表示スピードが速いほうが、Google様から高評価を頂けるわけです。

 

では表示スピードを改善するには何をしたら良いのか。

まずは余計なプラグイン(スクリプト)を外してみましょう。

WordPressをご利用中の方は、使っていないプラグインがインストールしたままになっていないか確認してみましょう。

 

そして次に重要なのは画像です。

画像は文字よりも圧倒的にデータのサイズが大きいので、ダウンロードに時間がかかります。

当然、その分ページの表示は遅くなります。

だったら画像のサイズを小さくすれば良いのですが、やはり大きくて高解像度の画像の方が見栄えが良いですし、目を惹きます。

 

今回ご紹介するのは、JPEGのデータサイズを圧縮してくれるWebサービスです。
 
JPEGmini – Your Photos on a Diet!

 

 

画質を比べてみます!

データサイズを小さくしてくれても、肝心の画質が犠牲になってしまったら意味がありません。

そこで実際に比較してみました!

 

比較用に、5335px × 2804px、300dpi、データサイズが9,602KBというかなり大きめのJPEGを用意しました。

 

Green11_kessai20141123152655

 

これをJPEGminiを利用して圧縮してみます!

 

Green11_kessai20141123152655_mini

 

いかがでしょうか?

違いがわかりますでしょうか?

ちなみに圧縮後のデータサイズは2,466KBですので、約75%削減出来たことになります。

目で見てわかるような劣化はなく、データを75%も削減できる!素晴らしいですね!

(画像によって圧縮率は異なります。)

 

JPEGminiでの変換後にサイト上で圧縮前・後の画像を比較することが出来ます。

まあ、多少は誇張もある気がしますが、参考にして下さい。

 

jpegmini_compare

 

まとめ

取り敢えず使っておいて損は無し。

特に劣化は見られませんので、取り敢えずサイトに掲載する画像はJPEGminiで圧縮する、という運用で問題無いと思います。

皆さんもぜひ使ってみてください!

 

今回は以上!

adiaŭ!!