Inboxの使い方がわかってきたぞ!メールをタスクとして処理する発想に脱帽したついでに徹底解説!!

inbo_title

みんな今すぐに招待をリクエストするべき!

Inboxが発表されてからわりと早めにリクエストを送ったので、Inboxを使い始めて数ヶ月立ちます。

ファーストインプレッションはこちらの記事です。

 
全てのメーラーを過去のものにする!GoogleのInboxを使ってみました!!

 

正直使い方がよくわかっていなかったのですよ…。

今までのGmailと何が違うのかと。

しかしわかってくるにつれて、これが非常に優れたメーラーであることを思い知らされました。

Inboxの主な機能は以下3つに分けられます。

  • 完了
  • ピン止め
  • リマインダ

これだけ見ると、一見タスク管理系のアプリに見えますね。

といいいますか、Inboxはメールをタスクとして管理するのです。

以下、1つずつ順に説明していきましょう。

 

 

メールを”完了”する

Inboxにおいて、メールは1通ずつがタスクです。

返信や、要件が済んだら”完了”にして、非表示にしてしまおう!

これがInboxのポリシーです。

完了したメールはもう見返す必要はないですよね?

ですから非表示で良いんです。

 

inbox_main

 

これが僕のメールボックスです。

2通しかありませんね。

他のメールは全て”完了”しています。

 

上のメールは、翌日に予約している指圧マッサージの予約確認メールです。

予約は翌日ですので、まだ完了していません。

マッサージを受けたら完了にします。

 

下のメールは、いつも行っている美容室からのメールです。

そろそろ髪を切りたいのですが、なかなか面倒でまだ予約もしていません。

予約をしなくては!…ということで未完了のまま残してあります。

 

以上が具体的な使い方です。

どうでしょうか?

まさにタスクとして処理していますよね。

 

ピン止め

これはいわゆる”スター”や”重要マーク”と同じ機能です。

これをつけておくと、一発でピン止めしたメールだけの表示に切り替える事が出来ます。

まあこれは特に特別な機能では無いでしょう。

今までのメーラーでも当たり前のようにある機能です。

 

リマインダ

しつこいようですが、メールはタスクとして扱います。

タスクということは、当然リマインダ機能もあります。

 

例えば、レストランから予約確認メールが来たとします。

このメールに、予約した時間の1時間前くらいにリマインダをセットしておきましょう。

すると、メールがそのままスケジューラーになってしまうのですね。

 

リマインダを設定するのも非常に簡単です。

 

reminder

 

ワンクリックで翌日や翌週にセットすることが出来ます。

もちろん、任意の日時に設定することも出来ます。

これをセットしておけば、

「例の件、いつだっけ?」

「メール送ったじゃん!!」

というやり取りをしなくて済みます。

 

まとめ

人間は忘れるものです。記憶と通知は機械にお願いしましょう。

人間の記憶力を過信してはいけません。

正直、約束とか結構忘れてしまいますよね。

 

Inboxへの招待依頼はこちらから出来ます。

 
Inbox by Gmail – the inbox that works for you

 

今は結構時間がかかるという話も聞きますが、ぜひ使ってみてください!

 

今回は以上!

do widzenia!!