利用シーンを考えて選ぼう!WiMAXを半年使い倒して感じた不満3つ

large_3014323262
photo credit: br1dotcom via photopin cc

通信量無制限なのが最大のアドバンテージ

いわゆる7G制限が無いのがWiMAXの最大の利点でしょう。

僕も最後はそれを理由に、LTEではなくWiMAXを契約しました。

しかし全てにおいて完璧ということはありえません。

当然不満もあります。

 

約半年、仕事やプライベートで使い倒してみて、感じた不満を3つご紹介したいと思います。

モバイルルータを契約しようとしている方に、何かしら参考になれば幸いです。

 

 

屋内に弱すぎる

とにかく屋内には弱いです。

会社などの開けたフロアであれば問題にならないと思いますが、ノマドをしようとして飲食店に入った場合に問題になります。

僕は喫煙者なので、喫煙席に座ります。

そして喫煙席は大概、店の奥に隔離されています。

 

そうなるとWiMAXは非常に厳しいです。

例え店の1階や2階であっても、窓から遠い場合、途端に電波が入らなくなります。

端末にもよると思いますが、僕の使っているWR3800Rでは、都内であっても電波が1本も立たないということがあります。

そうなってしまうと、ISDN?というレベルで使い物になりません。

 

上りが遅い

下りは都内であれば5〜10Mbpsは出ます。

普通にブラウジングをしたり、ファイルをダウンロードしたりする分には全く問題ありません。

問題なのは、上りの速度です。

はっきり言って遅いです。

 

仕事の場合、数Mbyteあるファイルをップロードするというケースも多々あると思います。

その場合に問題になってきます。

恐らく上りは2Mbps程度しか出ていないと思います。

結構待たされるという感覚があります。

 

ブログを書く場合にも同様です。

写真を載せようと思って2〜3Mbyteの写真をアップロードしようとすると、固定回線に比べて明らかに待たされる感覚があります。

まあ、待たされると言っても数十秒ですが、気になる人は気になると思います。

そこはWiMAXの規格上しょうがないと諦めるしかありません。

 

廃止が近い

こちらのサイトによると、

 

WiMAXは2年後の2015年9月30日に、現在の30MHx幅から10MHz幅まで減らされる。
4年半後の2018年4月には、その10MHz幅もWiMAX2+に転用され、WiMAX完全終了

 

とのことです。

そもそも現行のWiMAXは廃止されてしまうのですよね。

そしてWiMAX2+に移行します。

 

WiMAX2+に移行すれば、通信速度が上がってハッピーなのですが、話はそう単純ではありません。

WiMAX2+では速度制限がかけられます。

なかなか条件などが複雑なのですが、こちらのサイトから引用させて頂きます。

 

■WiMAX2+に通信制限がかかる条件■
①au 4G LTEが使える通信モードで月間7GBを越えた場合
②2015年4月以降3日間の通信量が1GBを越えた場合(予定)
③契約後26ヶ月以上経過後にWiMAX2+使用量が7GBを越えた場合

 

ようするに、2015年4月以降の動向に注目ということですね。

「予定」となっていますが、かなり決定に近いようです。

 

ここで僕の利用状況をご紹介しておくと、目一杯使っても月の通信料は3〜4GBですので、7GB制限は特に気にしなくても大丈夫そうです。

しかし、「3日で1GBを超えた場合」という条件は少し気になります。

単純計算で333MB/日を超えた場合ということになります。

そう考えると、結構厳しい条件だなと。

それでも他社のLTEに比べればかなり緩い条件であることは確かです。

 

まとめ

2018年4月までは使い放題。

WiMAXが廃止されるまでは取り敢えず使い放題です。

あと3年半くらいですね。

その間にWiMAX2+の端末に買い替えてしまっても、速度制限がかかったらWiMAX2+からWiMAXに切り替えて使うという運用が可能です。

 

今回は以上!

pamit!!