WordPressでブログサーバを立てる!〜DDNSを設定する〜

medium_11189803153
photo credit: BobMical via photopin cc

DDNSって何のためのどんな機能?

自宅のインターネットの契約にもよりますが、通常プロバイダから割り当てられるグローバルIPアドレスは動的に変わってしまいます。

ドメインを使って自宅のサーバにアクセスするわけですが、その宛先IPアドレスが変わってしまうということです。

なので、“takuyakishi.com”のIPアドレスは”xxx.xxx.xxx.xxx”です!とDNSサーバに定期的に教えてあげなければいけません

これをしてくれるのが、いわゆるDDNS(Dynamic DNS)サービスです。

 

無線LANルータのDDNS機能を利用します!

我が家ではNECアクセステクニカのWG1800HPというルータを使用しています。

このルータにはDDNS機能が付いているので、外部のDDNSサービスを使わずに、これで済ませてしまおうと思います。

 

さっそく設定するぞ!

ブラウザのアドレス欄に”192.168.0.1″と打って、ルータの管理画面に入りましょう!

スクリーンショット 2014-05-17 19.52.54 左のメニューから、詳細設定→DDNS設定を選択しましょう。

スクリーンショット 2014-05-17 19.56.12
  • 利用サービス      : お名前.com
  • ユーザ名        : お名前.comの会員ID
  • パスワード       : お名前.comのパスワード
  • ドメイン名       : 取得したドメイン名
  • ホスト名        : え!?
  • IPアドレスチェック間隔 : 30分

はい、ホスト名!?となったかと思います。

次はドメインNaviでホスト名を設定しましょう!

 

DNSレコード設定をしよう!

お名前.comのサイトに行き、ログインします。

画面上からドメイン設定→DNS関連機能の設定→DNSレコード設定を利用すると進みます。

スクリーンショット 2014-05-17 20.12.48

赤で囲った部分に入力していきます!

  • ホスト名  : 任意のホスト名を入力します。wwwにすると”www.takuyakishi.com”が使えるようになります
  • TYPE     : A
  • TTL    : 3600
  • VALUE    :現在の自宅のグロバールIPアドレスを入力します。この辺で確認しましょう!
  • 状態       : 有効

最後に追加ボタンを押します。以上でドメインNaviでの設定は完了です!

ここで設定したホスト名を、先ほどのルータの設定画面に入力します。

入力したら設定ボタン→保存ボタンを押しましょう!

設定に成功するとルータ管理画面の情報→現在の状態画面が下のようになります。

スクリーンショット 2014-05-17 20.22.23

 

以上でDDNSの設定は完了です!お疲れっした!!

 

まとめ

今回は無線LANルータのDDNS機能を使いましたが、外部のサービスも色々あります。

その方が設定が簡単だったり、安定していたりするかもしれません。

でも色々と好きに設定したいのがエンジニアの性…。

賢明な方は上手に外部のサービスを使うようにしましょう!

さて、ドメインの取得とDDNSの設定が出来たので、次はいよいよWoedPressを設定していきます。

実はここは僕はだいぶショートカットしています。

世の中には便利なものがあるものです!(金で解決したとも言う…。)

詳しくはまた次回!

இரண்டாம் பட்சமான!!