FlickrがYahooに買収されてから没落していっている気がする件

large__8982333276
photo credit: JD Hancock via photopin cc

大好きなWebサービスでした

皆さんはFlickr(フリッカー)というWebサービスをご存知でしょうか。

一昔前に結構話題になった写真投稿サイトです。

投稿されている写真はかなりハイクオリティで、プロのような(というかたぶんプロ)すばらしい写真が沢山あります。

それらを適当に眺めているだけでも十分楽しめたものです。

 

雲行きが怪しくなってきたのは、2005年にアメリカのYahooに買収されてからです。

何だかそれっきり特に話題に上がることも無くなり、現在に至ります。

少し前にサイトデザインが一新され、本当に驚いたものです。

まだやる気あるんだ!

と。

 

 

企業は稼がなきゃいかんのはわかるけど

今回、このような記事を書くことを思い立ったのは、先日Yahooから届いた1通のメールがきっかけでした。

要約すると、

”6/30以降、Facebook とGoogleアカウントでのログイン機能を廃止するよ!

だから新しくYahooアカウントを作ってね!”

というものでした。

 

そりゃ無いでしょう!

きっとYahooアカウントでしかログインできなようにすることで、Yahooユーザを増やしたいという意図なのでしょうが、ユーザには何の得にもなりません。

使いたいのはFlickrであって、Yahooではないのです。

きっとこのようなことは、今までも他のサービスで幾度となく繰り返されてきたのでしょう。

 

企業側の立場で考えてみる

批判ばかりでもアレですし、僕も一応Webサービスを提供する仕事をしているので、逆の立場から考えてみます。

 

きっとFlickrはほとんど収益を産み出していないのでしょう。

現在の収益モデルは大きく2つです。

  • 有料会員
  • 広告収入

ここからは想像でしか無いのですが、有料会員はそれほど多いという気がしません。

単体で収益を産み出さないのであれば、他の形で親のYahooに貢献しなくてはいけません。

それが今回のYahooアカウント必須処置なのでしょう。

Yahooのユーザが増えれば、そちらで収益を産み出すことが出来ます。

 

これってどんなWebサービスでも、いつかは決断を迫られる問題だと思うのですよね。

ユーザにとっては面倒なだけの機能を追加しなくてはいけないという。

一歩間違えれば、多くのユーザにそっぽを向かれてしまいます。

タイミングだったり、事前の告知だったり、やるべきことは沢山あります。

きっと大きな決断だったと思われます。

 

まとめ

でも1ユーザとしては歓迎しないよ!

試しに今日(6/16)にGoogleアカウントでログインを試みてみました。

スクリーンショット 2014-06-16 22.16.29

”Flickrを使い続けるには、Yahooアカウントでサインインしてね!

でも大丈夫!今までにアップした写真やビデオはちゃんと見られるから!”

だそうですよ…。

……

………

そして面倒だけどアメリカのYahooアカウント作ろうかなぁ…と悩むのでした。

 

今回は以上!

ಬೈ!!