フィッシュアイコンバーターVCL-ECF2を持って北の丸公園に行ってきた!

DSC02528.jpg

フィッシュアイコンバーターの試し撮りへ

予約購入していた、SEL20F28用のフィッシュアイコンバーターVCL-ECF28が届きまして。

 
フィッシュアイコンバーター「VCL-ECF2」を入手!さっそく開封の儀!!
VCL-ECF2 …

 

さっそく試し撮りしてきました。

なぜ北の丸公園に行ったかというと、国立西洋美術館で開催していた企画展を観たついでです。

そちらの展覧会については別途記事を書くとして、今回は魚眼尽くしでお送りします。

ちなみに北の丸公園の場所はこちら。

 

 

日本武道館の後ろ側と言った方がわかりやすいかも…。

 

 

全部魚眼で撮ってます

いかんせん魚眼を使うのは初めてなので、使い方がよくわかりません。

取り敢えず何でもかんでもパシャパシャと撮影してみました。

flickrでEXIFを見ていただくとわかるのですが、ほとんどの写真は開放ではなく若干絞って撮影しています。

なぜ?と言われても何となくですけど…。

 

DSC02516.jpg

 

DSC02515.jpg

 

DSC02517.jpg

 

DSC02518.jpg

 

DSC02519.jpg

 

DSC02520.jpg

 

DSC02522.jpg

 

DSC02523.jpg

 

DSC02524.jpg

 

DSC02525.jpg

 

DSC02526.jpg

正しいのかどうかわかりませんが、下記2つに気を付けたほうが良い気がしました。

  • 被写体が割りと近くにあること
  • 被写体に直線が含まれていること

まず遠景を撮影しても歪みが少なく、あまり魚眼感が出ません。

また被写体の直線が歪むことで魚眼感が出ます。

ということで、都内の高層ビル群を間近で撮影したりすると面白そうです。

DSC02527.jpg

 

DSC02528.jpg

 

DSC02529.jpg

ちなみに結構寄れます。

DSC02530.jpg

開放で撮影したらボケすぎた感…。

DSC02531.jpg

 

DSC02532.jpg

 

DSC02534.jpg

以上で魚眼撮影は終了です。

DSC02544.jpg

公園内には科学技術館もあります。

興味あるのですが、割りと子供向けなようなので、オッサン一人では入りづらい…。

DSC02547.jpg

国立公文書館の前を通って、竹橋駅から帰宅の途へ。

国立公文書館ですが、実は企画展などの展示が行われています。

結構面白そうなものが展示されているっぽいのですが、ちょっと入りづらいといいますか、「公文書」という単語の威圧感で未だに入ったことはありません…。

 

まとめ

なかなか上手く使いこなせず

結構な枚数撮影してみましたが、なかなか思った通りには映らないものです…。

今回は自然ばかりの撮影だったので、人工物も撮影してみたいですね。

なんでもかんでも魚眼で撮影するのはちょっと違うと思いますが、ここぞ!という所で使えるようになりたいものです。

 

今回は以上!

selamat tinggal!!