館内が江戸の町!深川江戸資料館に行ってきました!

20140920-DSC00834.jpg

 

割とマニアックな場所に行ってきました

決してネタが無くなったわけではないのですが…。

深川江戸資料館は、清澄庭園のすぐ近くにあります。

「江東区文化コミュニティ財団」というところが運営しているようです。

 

正直なところ、いわゆる博物館ほど立派な所ではありませんでしたが、江戸末期の町が再現されているのがすごいです。

今回は復元された江戸の町をご紹介します!

 

 

こういった展示は子供には堪らないでしょう

館内は、町です。

何を言っているか(ry

生活感タップリな感じで、長屋が再現されているのです。

早速観ていきましょう!

 

20140920-DSC00857.jpg

 

入館料は大人400円です。

チケットはこんな感じです。

 

20140920-DSC00858.jpg

 

チケットと一緒にもらえるパンフレット。

 

20140920-DSC00820.jpg

 

入るといきなり町が広がっています。

ちなみにこの猫、もちろん作り物なのですが、動きますw

定期的に動いたり鳴いたりします。

 

20140920-DSC00855.jpg

 

庶民の家が再現されています。

今も東京の家は狭くて高いですが、江戸時代も本当に狭い家に住んでいたのですね。

 

20140920-DSC00821.jpg

 

20140920-DSC00822.jpg

 

20140920-DSC00823.jpg

 

稲荷ずしの屋台です。

江戸時代はたしか稲荷ずしや寿司は今で言うファストフードだったのですよね。

 

20140920-DSC00824.jpg

 

20140920-DSC00825.jpg

 

船着場もあります。

川の水の再現具合が素朴な感じでホッコリしますw

 

20140920-DSC00827.jpg

 

天ぷらの屋台もあります。

これもファストフードだったのですかね。

 

20140920-DSC00828.jpg

 

お月見の様子が再現されていました。

僕の知っているお月見に比べると、餅がでかいw

 

20140920-DSC00831.jpg

 

20140920-DSC00836.jpg

 

20140920-DSC00838.jpg

 

20140920-DSC00839.jpg

 

お化け屋敷にあるような提灯。

芸が細かいです。

 

20140920-DSC00840.jpg

 

トイレというか厠の注意書き。

 

20140920-DSC00842.jpg

 

米俵の入った倉庫です。

 

20140920-DSC00844.jpg

 

家と家の間は50cmくらいしかありません。

 

20140920-DSC00846.jpg

 

とにかく狭いです。

 

20140920-DSC00849.jpg

 

こちらは八百屋さんですね。

 

20140920-DSC00852.jpg

 

20140920-DSC00854.jpg

 

20140920-DSC00856.jpg

 

船宿もあります。

何だかお化け屋敷のような色合いになっていますがw

実は、館内は時間が流れています。

時間と共に照明の具合が変わるのです。

これは夜の照明ですね。

夕立が来たりもします。

 

20140920-DSC00864.jpg

 

というわけで、所用時間1時間ほどでした。

ほとんど全ての家に入れるようになっており、子どもたちはテンション爆上げでしたねw

ボランティアのガイドさんもいるので、説明を聞きながら周るのも面白いと思います。

 

まとめ

素朴で面白かったです。

最近は国立博物館や、国立科学博物館などの豪華絢爛な場所に行っていましたので、こういった素朴な資料館もたまには良いですね。

資料館の周りには、下町感漂うお店やギャラリーがあるので、散策してみるのも面白いと思います。

清澄庭園に行くのもお忘れなく!!

 

今回は以上!

sudie!!